名古屋にあるAGA病院最強リスト!

名古屋のおすすめAGAクリニック3選
AGA改善バイブル名古屋編 » そもそもAGAの原因とは?

そもそもAGAの原因とは?

こちらでは、AGAを引き起こす原因と考えられている4つの要素について、それぞれの特徴や対策方法などをとりまとめて紹介していきます。

AGAが起きてしまう主な原因を徹底解説!

実はAGAが起きてしまう原因というのは、医学的に100%解明されている訳ではありません。ただし、研究は進んでおり、主なものとして挙げられている要素が、以下に紹介する4つです。

これらについて知識を深めて予防に努めるとともに、やはり最終的にはAGAクリニックでの治療が大切だということを知っておいてください。ではそれぞれの概要から見ていきましょう。

男性ホルモン

AGAの原因の筆頭に挙げられているのが男性ホルモンの影響です。ただし、男性ホルモン(テストステロン)そのものが、AGAをもたらすのではありません。

5αリダクターゼという酵素と結合することでジヒドロテストステロン(DHT)という物質に変化してしまうと、抜け毛や発毛不良をもたらしAGAを引き起こすというメカニズムになっています。

AGAの原因の一つ「男性ホルモン」について詳しく見る>>

生活習慣

AGAに限らず健康全般に言えることですが、好ましくない生活習慣を改めることで、症状を改善することは、大いに期待が持てます。

AGAの場合でも、例えば食生活の偏りや、睡眠不足、喫煙、暴飲といったことを改めることが望ましいとされているのです。そうすることで頭皮環境が改善され、AGAの予防や進行の抑制につながると考えられています。

AGAの原因の一つ「生活習慣」について詳しく見る>>

ストレス

率直に言ってしまいますと、ストレスもAGAの原因と考えられています。精神的なダメージだけでなく、肉体的な支障をもたらすストレスには、血行不良やホルモンバランスの異常、睡眠不足などを招き、それらが抜け毛や発毛不良につながると考えられています。

ストレスを溜め込まないようにすることもまた、AGAの予防や進行抑制に大事なのですね。

AGAの原因の一つ「ストレス」について詳しく見る>>

遺伝

AGAの原因として、遺伝によるものなのかどうかも気になるところですね。実は、この遺伝についてはまだまだ研究途中で、かなり強く影響するという説もあれば、全体の1/4程度だとする声もあり、さらなる研究が待たれています。

その上で重要なのは、自分がAGAを発症しやすい体質なのかどうか、治療薬が利きやすいかどうかをチェックすることです。

AGAの原因の一つ「遺伝」について詳しく見る>>

AGAにまつわる都市伝説って本当?

AGA発症に気づいたときの精神的ダメージは相当なもの。そんな心の弱さに忍び寄る、真偽も不明な都市伝説。むやみに信じて心のよりどころにしたり、はたまたさらに絶望させられたり…。正しい理解をしないままにハートを揺さぶられてもストレスの元。髪の毛に良いことはひとつもありません! よく耳にする都市伝説をひとつづつ検証していきましょう。

もずくやワカメなど海藻類を食べると毛髪は復活する!

回答:ほとんど根拠なし

海藻類には、ビタミンやミネラル、食物繊維など、毛髪と関係の深い成分が豊富に含まれています。しかし、大量の海藻を取り入れたからといって髪の毛が生えてくるなんてことはありません。AGAとは、そんなにあっさり克服できるものではないのです。「いまこそワカメ漁師に転職して、フサフサの髪の毛をなびかせながら大海原の風を切ろう!」なんて夢はまったくの妄想。もしそう考えていたのなら今のうちに止めておきましょう。

なぜこのような都市伝説が蔓延したのか。それは黒々とした海藻の艶やかな見た目から連想されたのだと思われます。その気持ちはわかりますが、若干安易なところは否めませんね。金髪の外国人がAGA対策として大量のトウモロコシに手を出していたらどう思いますか? それと同じような話ですよね。

とはいえ、栄養バランスの取れた食事は髪の毛にとって良いことです。海藻を使ったひと皿を食卓に取り入れるのは、決して悪いことではありません。

帽子をかぶるとハゲる

回答:少し本当

こちらも根強くささやかれる、信ぴょう性の高そうな都市伝説です。「ドラゴンズの和田の頭髪は帽子のかぶりすぎが原因では?」といった噂もよく聞いたものです。しかし、ことはそう単純ではありません。

頭皮の蒸れ、またそれによる雑菌の増加。それらは髪の毛に悪影響を及ぼします。小さいサイズの帽子をかぶり、頭部が圧迫され血行が悪くなるリスクも懸念されます。

しかし、帽子をかぶることで良い作用もあります。頭皮を紫外線から守ったり、冷気を防ぎ血行不良の原因を絶ったりと、確かなメリットもあるのです。

蒸れてきたら帽子を脱ぎ汗を拭きとる、小さすぎる帽子はかぶらないなど、正しい帽子のかぶり方を意識するべきでしょう。

筋トレしまくるとハゲる

回答:わりと本当

「マッチョ男性のハゲ率は高い」。そんなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか? これは意外と本当で、マッチョと薄毛には相関関係があるのです。

その要因は「男性ホルモン」。男性ホルモンはAGAを引き起こすきっかけにもなり、その影響で薄毛になりやすい人もいます。大切な髪の毛を生贄としながら筋トレにハゲむ、悪魔の取引になりかねません。

ただし、筋トレによってみんながみんなハゲるわけではありません。フサフサのマッチョだって存在しますよね。生まれ持っての体質によるところも大きいですし、男性ホルモンから薄毛の原因となる成分の生成を抑制する効果的な治療薬(プロペシアが有名)もいまでは広く知られています。

整髪料を使っているとハゲる

回答:使い方次第

ワックスやジェルなどの整髪料を使うとハゲやすい。なんとなくそんな気もしてきますが、こちらも根拠のない都市伝説です。ビジュアル系バンドがスプレーで派手なヘアスタイルにしていますが、どうでしょう? 結果ハゲてしまいバンド解散の憂き目に…なんて話、聞いたことありませんよね。

しかし、整髪料は使い方を間違えるとかなりキケン。頭皮に負担がかかるような使用法を繰り返すと、AGAの原因にもなります。

誤った使用方法とは以下の通り。

  • 長時間つけっぱなしにする

整髪料をつけたまま寝てしまう…なんてケースは絶対NG。髪の毛にとって良いことはなにもありません。帰宅したら必ず寝る前にシャワーを徹底。早めに洗い流してしまいましょう。

  • 流し方が不十分

シャンプーを丁寧に行わないと、しっかりと洗い落とせないことが多々あります。こちらも頭皮に悪影響となりますので気をつけてください。

  • 頭皮に整髪料が付着

頭皮の毛穴を整髪料がふさいでしまうと、血行不良などAGAの原因になりかねません。整髪料は毛髪につけるよう気をつけてください。また、ハゲをごまかそうと大量の整髪料を駆使し斬新なヘアスタイルを完成させている自殺志願のような行いも見られます。整髪料の使いすぎは控えましょう。

すね毛が濃い人はハゲやすい

回答:わりと本当

こちらはまったく根拠のない噂とは言い切れません。すね毛の濃さと男性ホルモンの分泌には密接な関係があるからです。

そのカギを握っているのはまたも「男性ホルモン」。すね毛が濃い人は男性ホルモンが豊富 → 男性ホルモンがAGAを生じさせるきっかけになる。そんな悲惨すぎるストーリーが成立してしまうのです。すね毛が濃い人全員がハゲやすいというわけではありませんが、残念ながらその確率は高まってしまうでしょう。

ちなみに、すね毛を剃ったり抜いたりしても無意味です。

信じるか信じないかはあなた次第…ではありません!

ご覧の通り、世にはびこるハゲ都市伝説は真偽入り乱れたカオス状態。どちらかと言えばウソのほうが多いかもしれませんね。

つまり、根拠ナシの自己判断は一番危険。デマを気にしすぎて頭皮に不必要なストレスをかけてしまうことのないよう、クリニックや専門家に診てもらうのがおすすめです。

俺たちでも生えた!AGA治療体験記
AGA治療で薄毛を治した
このサイトの管理人たち
  • 営業マン 鈴木

    薄毛の家系に生まれ、昔から「お前は将来ハゲる」と言われていたが、本当にO字型の薄毛になってしまい悩んでいた

  • 自営業 石田

    昔は髪が多く1本1本が太かったため「俺がハゲる訳がない」と思っていたが、U字型の薄毛になってしまい悩んでいた

  • アパレル 中村

    昔は金髪やパーマをあてまくっていた結果、M字型の薄毛になってしまい悩んでいた

AGAとガチで向き合う!俺たちの薄毛改善バイブル【名古屋版】