AGAとガチで向き合う!俺たちの薄毛改善バイブル【名古屋版】

HOME » そもそもAGAの原因とは? » 遺伝

遺伝

ここではハゲ(AGA)は遺伝するものなのかを解説。また、はげ治療・抜け毛治療をするにはどうすればよいのかを説明しています。

ハゲは遺伝子によるものなのか検査

ハゲ(AGA)の原因として一番と言われているのが遺伝です。「男性型脱毛は男を通して優性に、女を通して劣性に遺伝する」と言われており、男性型脱毛は多くの因子の相互関係によって決まります。これらのことからもハゲは遺伝の要素がかなり強いと言えます。

もし自分がAGAなのかどうかが気になった場合には、自宅での検査キットの使用や病院で検査を受けることで判断できます。

AGA検査キットはインターネットから購入できるため、自宅で気軽に検査を受けることができます。また、病院での診察よりも安く検査が受けられるというメリットもあります。

しかし、この検査キットだけでは、現在はAGAが発症しているかどうかまでは診断できません。わかることは、AGAが発症しやすい体質かどうか、治療薬である「フィナステリド」が効く体質なのかどうかという2点です。自分で育毛をする際のひとつの指標にしてみると良いかもしれません。

病院で検査を受ける最大のメリットは、発症しているかが正確にわかるということ。頭皮の状態を見て判断するので、より適切な治療を受けることができますし、他の原因で脱毛していたとしても診断が可能です。

これらの検査を受けることで、AGAが遺伝によるものなのかが判断できます。

はげ治療は早期に専門医に診てもらうのが一番!

AGAの原因は遺伝ばかりでなく、ホルモンや栄養、ストレスなどの因子が複合的に影響していると言われています。ある説によれば遺伝が関与している部分は全体の1/4程度だとされています。

つまり、家系的に薄毛の人が多くても、早いうちからしっかり対策を行なっていれば薄毛や抜け毛の発症や進行を抑えることは可能なのです。

しかしながら、個人でハゲ(AGA)を改善するには限界があります。薬局に行って適当な育毛剤を購入して使用しても改善する見込みはほとんど無いと言ってよいでしょう。

確実に治療するためには、AGA治療を専門とする医療機関で検査を受けて、ハゲの原因をしっかり分析し、適切な診断が必要です。

早期の脱毛、薄毛に関しては十分に医療的な予防が可能です。遺伝だからといって諦めずに早めに専門医に診てもらうようにしましょう。

管理人・鈴木よりひとこと

管理人鈴木のアイコン

AGAというのは、遺伝が関与するのは全体のうち1/4程度なんだって。そして俺は、その1/4に含まれていたというわけ。祖父も父と薄毛だったからな…(つらい)
若いうちから情報にアンテナを張っておいて、早い段階から対策を行ったから、なんとかふさふさな髪を取り戻せたんだ。家系的に薄毛だからといって、諦めるのはナンセンスだぞ。
我々3人が得た結論は、AGAを確実に治療するには、専門の医療機関でちゃんとした検査を受けて、自分のハゲの原因がどこにあるのかを分析して、適切に処置してもらうことが大事ということ!
それこそ、早い段階であればあるほど、改善の可能性は高まるから、「遺伝だから無理…」とは考えないで、できるだけ早くお医者さんに見てもらうことをおすすめする!

ページの先頭へ

薄毛治療ができる名古屋のクリニックまとめ

人気育毛サロンまとめ【名古屋編】

知っておこう!AGAの治療法一覧

そもそもAGAの原因とは?

本当に生えた…!AGAの治療体験記

どれにあてはまる?ハゲの種類

AGAの素朴なギモンQ&A

AGAとガチで向き合う!俺たちの薄毛改善バイブル【名古屋版】