名古屋にあるAGA病院最強リスト!栄・金山・名駅エリア

名古屋のおすすめAGAクリニック3選
AGA改善バイブル名古屋編 » そもそもAGAの原因とは? » 生活習慣

生活習慣

ここでは、AGAを招いてしまう原因となってしまう生活習慣について、その特徴や対策方法などをとりまとめてご紹介していきたいと思います。

 AGAを招いてしまう生活習慣とは? 

本サイトで繰り返し述べてきていますが、AGAとは男性特有の薄毛・抜け毛症状であり、額の左右の生え際や頭頂部などで起こりやすいのが特徴です。

その原因には男性ホルモン(正確には男性ホルモンが変質した物質)やストレス、遺伝といった要因が考えられていますが、生活習慣もその中のひとつです。

では具体的に、どんな生活習慣が悪影響を及ぼすのでしょうか?主なものを見ていきましょう。

偏った食生活

AGAが起こる原因として、頭皮環境の悪化がありますが、食生活は頭皮環境や髪の成長といったものを大きく左右します。食生活の改善によって、AGAの症状そのものが改善するわけではありません。しかし、髪の土台ともいえる頭皮環境を整えるということは、健康な体へと繋がっていきます。ちょっとした心がけで改善することができますから、参考にしてください。

とりわけ食の欧米化が進んだ現代では、脂っこい食事や高カロリーな食事によって、頭皮の皮脂が過剰に分泌されるといったことが起こりがちです。また過剰なダイエットや偏食、過食なども、栄養の偏りを招き、AGAを招く原因となります。

たんぱく質、ビタミン、ミネラル、亜鉛をバランスよく、しっかり摂ることがポイントです。それぞれの栄養素に関して、詳しく見ていきましょう。

たんぱく質

人間の体は、アミノ酸から作られているたんぱく質が欠かせません。毛髪も、なんと90%以上がケラチンというたんぱく質で作られています。そのため、良質なたんぱく質をしっかり補うことが大切です。

肉類、魚介類、大豆製品など。特に卵や大豆製品などはアミノ酸をバランス良く含んでいるのでお勧めです。

ビタミンB類

皮膚の新陳代謝を促進して、皮脂の分泌を抑える働きがあるビタミンB2。身近な食材の中では、レバー、卵、納豆、のりなどに含まれています。

また、頭皮の新陳代謝を促してくれるビタミンB6。

さけ、まぐろ、さば、さんまなどの魚や、ピスタチオ、ごま、にんにく、鶏肉、などに含まれています。

美肌や疲労回復などにも欠かせないビタミンB類。サプリメントに頼らずに、食品から摂るようにしたいですね。のりやピスタチオなど、ちょっとしたおつまみとして、気軽に食べてみましょう。

ビタミンA

細胞分裂を正常に促し、頭皮環境を整えるビタミンA。粘膜や上皮細胞の機能を助けたり、免疫機能や味覚機能の維持など、とても重要な栄養素です。

レバー、あんこうの肝、やつめうなぎ、うなぎ、ぎんだら、しらすぼし、チーズ、クリーム、卵黄などに含まれています。

また、体内でビタミンAのレチノールに変わるカロテンも重要な栄養素です。カロテンは主ににんじん、カボチャ、しその葉などの緑黄色野菜やのり、抹茶などにも多く含まれます。

ビタミンE

抗酸化作用があり、生活習慣病を予防するはたらきがある。血行を促進して、毛細血管を拡げる働きを持つビタミンE。頭皮の健康にも欠かせない栄養素です。

うなぎ、たらこ、うに、はまち、カボチャ、大根の葉、しそ、唐辛子、アーモンドや抹茶などにも含まれています。

ビタミンC

丈夫な頭皮や血管を作る上で欠かせないのがビタミンC。別名「抗ストレスホルモン」ともいう副腎皮質ホルモンの生成を助ける役割もあります。ストレス社会を生きる現代人にとって、とても重要な役割を果たしてくれる栄養素です。

ピーマン、パセリ、ゴーヤ、ブロッコリー、カリフラワーなどの野菜や、レモン、キウイ、柿、イチゴなどのフルーツ。そして海苔や抹茶にも含まれています。

ミネラル

ミネラルは主にカルシウム、マグネシウム、リンなどです。カルシウムは皆さんご存知の通り、丈夫な骨や歯に欠かせない栄養素です。イライラ防止にも欠かせません。

マグネシウムは体内で酵素の働きを助けています。神経の興奮を抑えたり、体温や血圧を調整する働きを持っています。

カルシウムは桜えび、いわしの丸干し、油揚げ、厚揚げ、大根の葉、小松菜、ごま、チーズ、牛乳、ヨーグルトなどに含まれています。

マグネシウムは油揚げや納豆などの大豆製品、桜えび、イワシの丸干し、しらす干し、貝類、海藻類などに含まれています。

亜鉛

亜鉛はタンパク質の生成に関わる酵素の材料でもあります。体の発育を促し、味覚機能の維持にも必要。傷の回復を早めたり、皮膚だけでなく、心の健康にも欠かせません。

生牡蠣、レバー、牛肉、チーズ、たたみいわし、抹茶、ゴマなどに含まれています。

このように見てみると、栄養をしっかり摂ることは、皮膚や頭皮の健康だけではなく、ストレスや疲労を回復させるなど、体にも心にも欠かせないということがわかります。

睡眠不足

人間は睡眠中に成長ホルモンという物質が分泌されます。そしてこの成長ホルモンは、髪の成長にも大きな影響を与えます。

睡眠不足が続くとこの成長ホルモンが十分に分泌されなくなってしまい、ひいては髪の成長を妨げたり、日中に受けたダメージの回復も妨げられ、結果的に薄毛や抜け毛を招いてしまうことになります。

年齢とともに、ホルモンの分泌量は変わってきますが、この成長ホルモンだけは年齢関係なく、分泌されることがわかっています。

成長ホルモンの分泌が多い時間帯は?

今までは成長ホルモンが最も多く分泌される時間があるといわれ、22時から2時の間は「ゴールデンタイム」「シンデレラタイム」といわれ、この間に睡眠をとることが、美容と健康に欠かせないといわれてきました。でも実際は、仕事や飲みの付き合いなどで、なかなかその時間に眠るということが難しいという方が多かったと思います。

しかし、それは間違った認識であるということが分かりました。何時から何時という時間ではなく、何時からであっても、眠り始めてから最初の3時間の、最も深い睡眠状態の時に成長ホルモンが分泌されるということです。

つまり、量よりも質が大切です。深い眠りにつくことで成長ホルモンの分泌を促すことになります。眠る直前までPCやスマホ、テレビなどを見ていることは避け、入浴などで体を温めた後、眠る前まではリラックスして過ごす時間を持つように心がけたいものです。

 喫煙

健康面で様々な弊害をもたらすとされる喫煙ですが、AGAにおいても例外ではありません。タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させてしまう作用があり、これが頭皮の血管で起きると、髪に十分な栄養が行き渡らなくなり、結果、薄毛や抜け毛をもたらすことになります。

また「男性ホルモン」のページでもご紹介している、AGAの原因となる男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)が、非喫煙者に比べ多くなるというデータもあるそうです。DHTは毛髪の脱毛を促すはたらきを持つ悪性のものですから、増加させることは避けたいところです。

DHTが多いからAGAになると言い切ることはできない部分もありますが、すでにAGAになっている方にとっては、症状が進む原因になる可能性があるものは、避けたほうが賢明といえるでしょう。

そして、喫煙をすることで、ビタミンを破壊したり、ビタミンの吸収を阻害してしまいます。せっかく食生活に気をつけても、これでは意味がありません。AGAだけではなく、健康を維持するためにも喫煙は控えていただきたいものです。

酒類の過剰接種

アルコールを摂取すると、アセトアルデヒドという有害な物質に変化します。そのアセトアルデヒドを肝臓で分解し、酵素に変える働きをしています。しかし、大量に摂取すると、分解しきれずにアセトアルデヒドが血液中に含まれて、全身を巡ってしまいます。それで二日酔いや悪酔いをするなどの症状が出てしまうのです。

厄介なことに喫煙と同様、このアセトアルデヒドはDHTを増加させるといわれているのです。

アルコールを大量に摂取すると、肝臓ではその分解のため、アミノ酸を大量に消費するようになります。その結果、髪をつくるのに必要なアミノ酸が不足してしまい、髪が栄養不足に陥ってしまうのです。

加えて、酒類に含まれる糖分の影響によって、毛穴を皮脂で詰まらせるといったことも考えられます。

ストレス

第二次世界大戦後に、AGAの男性が急増したといわれていることから、仕事や生活の変化にともなってAGAが増えているのだと考えられています。

ストレス社会とも言われる現代。ストレスによって自律神経が乱れることで、心身ともに、さまざまな健康被害へとつながっていきます。

例えば、血行不良、睡眠不足、頭皮環境の悪化、内臓機能の低下など、AGAにとっても、好ましくない原因を作ってしまいます。また、ストレスが原因となって、喫煙や暴飲暴食などに向かってしまうということにもなりますから、目に見えないものではありますが、深刻な原因です。

厚生労働省のストレス調査

厚生労働省のストレスに関する調査で、20代から40代の人は、ストレスの原因が「仕事」、10代の子どもたちは「受験、進学」であるという回答が圧倒的多数であったようです。このことからもわかるように、ストレスは、ある意味避けることができないものであるため、逆に「上手に付き合う」というつもりで向き合ってみてはいかがでしょうか。

有酸素運動がDHTを減少させるともいわれています。ウォーキングや軽いジョギング、ヨガや水泳、登山など自分に合った運動を取り入れてみましょう。

忙しい日でも、こだわりの入浴剤を入れて入浴を楽しんだり、お酒を適量楽しむなどしてみてはいかがでしょうか。「自分へのちょっとしたご褒美」は、気分転換にもなり、楽しい気持ちにもさせてくれるものです。

「溜まったストレスを吐き出す」と考えるのではなく、日々感じるストレスを日常生活の中で上手に軽減することで、「ストレスを感じにくい」状態になっていきます。

管理人・石田からひとこと

管理人石田のアイコン

このような生活習慣を改めることは、AGA症状の改善が期待できるぞ。ただし、実際にどの程度の効果があるかは、未知数。個人差もあるだろう。
生活習慣の改善はきちんと行ったうえでAGAの専門クリニックを受診することが、薄毛や抜け毛の解消・改善には一番効果が期待できるぞ!

俺たちでも生えた!AGA治療体験記
AGA治療で薄毛を治した
このサイトの管理人たち
  • 営業マン 鈴木

    薄毛の家系に生まれ、昔から「お前は将来ハゲる」と言われていたが、本当にO字型の薄毛になってしまい悩んでいた

  • 自営業 石田

    昔は髪が多く1本1本が太かったため「俺がハゲる訳がない」と思っていたが、U字型の薄毛になってしまい悩んでいた

  • アパレル 中村

    昔は金髪やパーマをあてまくっていた結果、M字型の薄毛になってしまい悩んでいた

絶対ハゲたくない人、必見!名古屋のおすすめAGA治療病院まとめ【栄・金山・名駅】