AGAとガチで向き合う!俺たちの薄毛改善バイブル【名古屋版】

HOME » そもそもAGAの原因とは? » 生活習慣

生活習慣

ここでは、AGAを招いてしまう原因となってしまう生活習慣について、その特徴や対策方法などをとりまとめてご紹介していきたいと思います。

 AGAを招いてしまう生活習慣とは? 

本サイトで繰り返し述べてきていますが、AGAとは男性特有の薄毛・抜け毛症状であり、額の左右の生え際や頭頂部などで起こりやすいのが特徴です。

その原因には男性ホルモン(正確には男性ホルモンが変質した物質)やストレス、遺伝といった要因が考えられていますが、生活習慣もその中のひとつです。

では具体的に、どんな生活習慣が悪影響を及ぼすのでしょうか?主なものを見ていきましょう。

偏った食生活

AGAが起こる原因として、頭皮環境の悪化がありますが、食生活は頭皮環境や髪の成長といったものを大きく左右します。

とりわけ食の欧米化が進んだ現代では、脂っこい食事や高カロリーな食事によって、頭皮の皮脂が過剰に分泌されるといったことが起こりがちです。また過剰なダイエットや偏食、過食なども、栄養の偏りを招き、AGAを招く原因となります。

睡眠不足

人間は睡眠中に成長ホルモンという物質が分泌されます。そしてこの成長ホルモンは、髪の成長にも大きな影響を与えます。

睡眠不足が続くとこの成長ホルモンが十分に分泌されなくなってしまい、ひいては髪の成長を妨げたり、日中に受けたダメージの回復も妨げられ、結果的に薄毛や抜け毛を招いてしまうことになります。

 喫煙

健康面で様々な弊害をもたらすとされる喫煙ですが、AGAにおいても例外ではありません。タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させてしまう作用があり、これが頭皮の血管で起きると、髪に十分な栄養が行き渡らなくなり、結果、薄毛や抜け毛をもたらすことになります。

また「男性ホルモン」のページでもご紹介している、AGAの原因となるジヒドロテストステロンが、非喫煙者に比べ多くなるというデータもあるそうです。

酒類の過剰接種

アルコールを体量に摂取すると、肝臓ではその分解のため、アミノ酸を大量に消費するようになります。その結果、髪をつくるのに必要なアミノ酸が不足してしまい、髪が栄養不足に陥ってしまうのです。

加えて、酒類に含まれる糖分の影響によって、毛穴を皮脂で詰まらせるといったことも考えられます。

管理人・石田からひとこと

管理人石田のアイコン

このような生活習慣を改めることは、AGA症状の改善が期待できるぞ。ただし、実際にどの程度の効果があるかは、未知数。個人差もあるだろう。
生活習慣の改善はきちんと行ったうえでAGAの専門クリニックを受診することが、薄毛や抜け毛の解消・改善には一番効果が期待できるぞ!

ページの先頭へ

薄毛治療ができる名古屋のクリニックまとめ

人気育毛サロンまとめ【名古屋編】

知っておこう!AGAの治療法一覧

そもそもAGAの原因とは?

本当に生えた…!AGAの治療体験記

どれにあてはまる?ハゲの種類

AGAの素朴なギモンQ&A

AGAとガチで向き合う!俺たちの薄毛改善バイブル【名古屋版】