AGAとガチで向き合う!俺たちの薄毛改善バイブル【名古屋版】

HOME » そもそもAGAの原因とは? » 男性ホルモン

男性ホルモン

 ここでは、AGAの原因のひとつとされている男性ホルモンについて、その特徴や対策方法などをとりまとめてご紹介していきたいと思います。

そもそも、男性ホルモンとは何か?

まずは、言葉としてはよく聞くものの、その詳細まではあまり知られていない、男性ホルモンとは一体どんなものなのかというお話から。男性ホルモンのメインの物質とされているのがテストステロンというもの。

全体の95%が睾丸で、5%が副腎で合成・分泌されているとされています。簡単に言えば男性らしい身体や働きを司る物質で、ヒゲや体毛、筋肉、男性器の働きや精子の形成などを担う働きがあります。

逆に、男性ホルモンが低下してしまうと、勃起障害(ED)や、記憶力・集中力の低下、うつ症状、睡眠障害といった症状を招くことになります。

そう聞くと、AGA予防のために男性ホルモンを抑えてしまうのは、よくないのではと思われることと思います。ご安心ください。

AGAを引き起こすのは、男性ホルモンそのものではなく、ある物質と結合してしまった時であり、AGA治療では、この結合を阻止することが主眼に置かれています。

男性ホルモンは、どうなるとAGAを招くのか?

ずばり、AGAを引き起こすとされているのは、ジヒドロテストステロン(DHT)という物質です。

そして、このジヒドロテストステロンは、男性ホルモンが、5αリダクターゼという酵素と結合することで、ジヒドロテストステロンに変換されてしまうという仕組みになっているのです。

ジヒドロテストステロンは毛母細胞の働きをストップさせてしまうので、その結果、抜け毛や薄毛が進んでしまうのですね。体調や年齢、生活習慣などに関係なく本来健康な髪の毛が抜け落ちるAGAとなってしまう訳です。

つまり、男性ホルモンはAGAの直接の原因ではなく、ジヒドロテストステロンに変換されてしまうことでその原因となるのです。

管理人・中村からひとこと

管理人中村のアイコン

逆に言えば、AGA対策としては、男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変換されるのを防ぐために、5αリダクターゼを抑制するということが重要になってくるんだ。
こうした対策・治療ははっきり言って、患者本人が市販の薬を使ったり、民間療法のレベルで行えることではないのが事実。
少しでも抜け毛が気になりだしたら、直ちにAGAの専門クリニックを受診して、適切な処置をしてもらうことが何より重要だ!

ページの先頭へ

薄毛治療ができる名古屋のクリニックまとめ

人気育毛サロンまとめ【名古屋編】

知っておこう!AGAの治療法一覧

そもそもAGAの原因とは?

本当に生えた…!AGAの治療体験記

どれにあてはまる?ハゲの種類

AGAの素朴なギモンQ&A

AGAとガチで向き合う!俺たちの薄毛改善バイブル【名古屋版】