名古屋にあるAGA病院最強リスト!

名古屋のおすすめAGAクリニック3選
AGA改善バイブル名古屋編 » そもそもAGAの原因とは? » 男性ホルモン

男性ホルモン

 ここでは、AGAの原因のひとつとされている男性ホルモンについて、その特徴や対策方法などをとりまとめてご紹介していきたいと思います。

そもそも、男性ホルモンとは何か?

まずは、言葉としてはよく聞くものの、その詳細まではあまり知られていない、男性ホルモンとは一体どんなものなのかというお話から。男性ホルモンのメインの物質とされているのがテストステロンというもの。

全体の95%が睾丸で、5%が副腎で合成・分泌されているとされています。簡単に言えば男性らしい身体や働きを司る物質で、ヒゲや体毛、筋肉、男性器の働きや精子の形成などを担う働きがあります。

逆に、男性ホルモンが低下してしまうと、勃起障害(ED)や、記憶力・集中力の低下、うつ症状、睡眠障害といった症状を招くことになります。

そう聞くと、AGA予防のために男性ホルモンを抑えてしまうのは、よくないのではと思われることと思います。ご安心ください。

AGAを引き起こすのは、男性ホルモンそのものではなく、ある物質と結合してしまった時であり、AGA治療では、この結合を阻止することが主眼に置かれています。

AGAとは

AGAとは、男性型脱毛症のことを指す言葉です。

成人男性ならば誰でも発症する可能性を秘めており、成人男性の3分の1が将来的にAGAになってしまうとされています。

症状としては、生え際の後退や頭頂部の薄毛など一般的に「ハゲ」と言われているものが挙げられますが、症状や度合いも人により違いがあります。

そのAGAは上記で話して通り、男性ホルモンと何かの結合が大きく関係してくるのです。

男性ホルモンは、どうなるとAGAを招くのか?

ずばり、AGAを引き起こすとされているのは、ジヒドロテストステロン(DHT)という物質です。

そして、このジヒドロテストステロンは、男性ホルモンが、5αリダクターゼという酵素と結合することで、ジヒドロテストステロンに変換されてしまうという仕組みになっているのです。

ジヒドロテストステロンは毛母細胞の働きをストップさせてしまうので、その結果、抜け毛や薄毛が進んでしまうのですね。体調や年齢、生活習慣などに関係なく本来健康な髪の毛が抜け落ちるAGAとなってしまう訳です。

つまり、男性ホルモンはAGAの直接の原因ではなく、ジヒドロテストステロンに変換されてしまうことでその原因となるのです。

5αリダクターゼとは

上記でテストステロンが、男性の体を形成するのに必要不可欠な男性ホルモンであることは、分かってもらえたと思います。

しかしテストステロンと結合してしまうことで、ジヒドロステロンに変化してしまう5αリダクターゼはどうなのでしょうか?

5αリダクターゼも男性の体を形成する上で、必要な酵素なのです。

5αリダクターゼテストステロンと同じように、男性特有の体作りを手助けする役割があります。

そのことからAGAの原因と言われてはいますが、なくなってしまうと大変なことに。

ところが増えすぎてしまっても、結果的にジヒドロステロンに変化してしまう割合が増えてしまうため、AGAを引き起こしてしまうのです。

毛母細胞の動きが何故、止まるのか?

毛母細胞の動きが止まるメカニズム

ところで何故、ジヒドロステロンの影響で毛母細胞の動きが止まってしまうのでしょうか?

まず毛母細胞というのは、髪の毛の根っこである毛球の一部であり、毛球は毛母細胞と毛乳頭細胞に分かれて形成されています。

髪の毛というのは、頭皮に埋め込まれた毛包と呼ばれるパイプのようなものを通じ、奥底に埋め込まれた毛球が毛細血管から栄養をもらい成長することで、外へ生えていきます。

しかその栄養をもらう際に、それを妨げるのがジヒドロステロンなのです。 ジヒドロステロンが体内に大量発生すると、頭皮の血流を妨げます。 すると髪の毛に行くはずだった栄養は十分行き届かず、髪の毛は栄養不足になるわけです。

当然、髪の毛に栄養が行き届かないわけですから、毛球の一部である毛母細胞も十分な栄養が行き届かなくなるということになります。

毛母細胞に栄養が行き届かなくなると

ここからは毛母細胞に栄養が行き届かなくなってから、起こることを話していきましょう。

上記でも話しましたが、髪の毛はまず毛細血管を通じ毛球から栄養をもらいます。

そしてその毛球の中にある、毛乳頭細胞に栄養が行き届き、毛母細胞へと髪の毛を生やす指令を送ります。

しかしこの段階で栄養が十分行き届かないと、正常な指令が送れなくなったり、送ることができないケースが出てきてしまいます。

それが毛母細胞の動きが止まるということなのです。

当然、毛乳頭細胞から正常な指令がこなかったり、指令が少ないと毛母細胞はどうして良いのか分からなくなってしまいます。

このような状態が続けば、毛母細胞は髪の毛を生やすことを止めたり、生やすことをサボり出すので、頭皮の上では髪の毛が全体的に細く弱くなります。

ヘアサイクルの乱れ

上記のような状態が続くと「ヘアサイクルの乱れ」と呼ばれる現象が起こります。

このヘアサイクルという、少し聞きなれない言葉ですが、髪の毛の成長から生え変わりまでを指す言葉なのです。

髪の毛は正常な人ならば成長期といわれる段階で毛球が成長を促し続け、髪の毛は2〜6年かけて徐々に伸びていきます。

その2〜6年がやってくると、髪の毛の成長は徐々に少なくなり退行期というものを迎えます。

髪の毛は退行期からの維持期間が少なく成長がストップし、すぐに休止期を迎え寿命を迎えます。

そして寿命を迎えた髪の毛は、底から生えてきた髪の毛に押し出され一生を終えます。

しかしこのヘアサイクルが乱れている人は、髪の毛の栄養不足でしっかりと根の張った髪の毛が生えていないので、ちょっとやそっとのことで髪の毛が抜けやすくなってしまいます。

そうなってしまうと髪の毛は2〜6年のヘアサイクルで生え続けていくことは難しくなります。

結果、髪の毛は抜けやすくなり、髪の毛全体のボリュームがなくなって薄毛の原因となり、徐々に髪の毛も生えてこなくなってしまうのです。

ヘアサイクルを正常に戻すために

ではヘアサイクルの乱れを戻す方法はあるのか?

そのためにはまず、体内からのジヒドロステロンの排出を抑えるしかありません。

ヘアサイクル乱れの根本的な原因は、ジヒドロステロンの活性化による、頭皮全体の血流不足。

ジヒドロステロンさえ排出されなければ、頭皮に血流不足が起こることもないのでヘアサイクルが乱れることはありません。

しかしジヒドロステロンを抑える方法なんてあるのでしょうか?

AGA治療と呼ばれる一筋の光

一昔前までは、AGAという言葉自体はおろか、薄毛の原因は老化現象の一つで仕方がないことのように思われていましたが現在、薄毛は治療で改善するものという認識に変わっています。

それがAGA治療と呼ばれる、男性型脱毛症に対して行う専門的な治療方法です。

AGA治療を専門としているクリニックを受診して、まずAGAからの脱毛症であるか否かをチェックします。

この治療方法はAGAに対してのみの有効な治療なのでこの時、AGA以外が原因の脱毛症では治療ができません。

AGAだと診断されたら、担当医と治療方法を相談していきます。

基本的に飲み薬と塗り薬を処方してもらう治療になります。

しかし薬中心の治療でも定期的な改善具合や、薬の効き目をチェックする上で、医師の診察は必須となります。

それぞれの薬の役割

飲み薬と塗り薬が処方されるということで、それそれの薬にはどんな効果があるのでしょうか?

飲み薬

飲み薬の効果としては、AGAの原因であるジヒドロステロンの原因を形成する一つである、5αリダクターゼを減少させることです。

テストステロンを減少させてしまうということは、男性ホルモンそのものを削りとしまうことになるので、体調不良を引き起こす原因となってしまいます。

そこで異常発生してしまった5αリダクターゼだけを減少させて、テストステロンとの結合を少なくするのです。

これが結果的にジヒドロステロンの減少へと繋がって、頭皮に正常な血流が戻り、栄養も行き届きやすくなります。

主にプロペシアやザガーロなどが代表的な飲み薬です

塗り薬

塗り薬の効果としては、頭皮に発毛促進の栄養素を行き届けるということです。

AGAになってしまうということは、頭皮に正常な栄養が行き届いていないので慢性的な栄養不足なっている状態です。

そこで体外から直接的に栄養を頭皮へ塗り込むことによって、栄養を補給していきます。

塗り薬の主なものとして、ミノキシジルという発毛が唯一認められた育毛剤があります。

現在これが含まれているもの以外の育毛剤を使っても、発毛の効果はありません。

2つでワンセット

AGAを改善させるにはこの2つの薬をワンセットとして使わなければ効果はありません。

理由としてはそれぞれの役割が違うからです。

まず飲み薬で頭皮環境を改善させてから、塗り薬で栄養を届けるという流れになっています。

頭皮環境が悪いまま塗り薬を使っても栄養が行き届くことはないですし、飲み薬だけは飲んでいるものの、塗り薬が面倒臭いとやめてしまっては、栄養が補給されることはありません。

そのことから2つの薬をセットで使っていかなければ、せっかく効果があるものを使っていても無駄な治療を行っているのと同じことなのです。

参照URL

AGA=男性ホルモンのまとめ

結論から言えば、男性ホルモンとAGAは直接的に関係なくても、男性ホルモンが多いほど5αリダクターゼと結びつく可能性は高くなるでしょう。

結果、AGAの原因であるジヒドロステロンを大量に作り出す可能性も上がるので、注意は必要です。

しかし現在、治療方法が確立されているAGAは治るものなので、気になっている方は専門のクリニックを早めに受診しましょう。

管理人・中村からひとこと

管理人中村のアイコン

逆に言えば、AGA対策としては、男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変換されるのを防ぐために、5αリダクターゼを抑制するということが重要になってくるんだ。
こうした対策・治療ははっきり言って、患者本人が市販の薬を使ったり、民間療法のレベルで行えることではないのが事実。
少しでも抜け毛が気になりだしたら、直ちにAGAの専門クリニックを受診して、適切な処置をしてもらうことが何より重要だ!

俺たちでも生えた!AGA治療体験記
AGA治療で薄毛を治した
このサイトの管理人たち
  • 営業マン 鈴木

    薄毛の家系に生まれ、昔から「お前は将来ハゲる」と言われていたが、本当にO字型の薄毛になってしまい悩んでいた

  • 自営業 石田

    昔は髪が多く1本1本が太かったため「俺がハゲる訳がない」と思っていたが、U字型の薄毛になってしまい悩んでいた

  • アパレル 中村

    昔は金髪やパーマをあてまくっていた結果、M字型の薄毛になってしまい悩んでいた

AGAとガチで向き合う!俺たちの薄毛改善バイブル【名古屋版】