AGAとガチで向き合う!俺たちの薄毛改善バイブル【名古屋版】

HOME » 知っておこう!AGAの治療法一覧

知っておこう!AGAの治療法一覧

こちらでは、主なAGAの治療法について、それぞれの概要、効果、注意点などを取りまとめてご紹介していきたいと思います。

いくつ知ってる?AGAの治療法を一挙紹介!

AGAの治療法に限ったことではありませんが、医療というものは日々進歩しており、それこそ数年違うだけで、以前はなかった治療法がすっかり主流になっているということも珍しくありません。

つまり、以前AGA治療を行なって効果が出なかったという方でも、新しい治療法で発毛が実現できるかもしれないのです。

まずは、現在行われている主要なAGA治療について知識を深め、その上で、信頼・実績のあるクリニックで診断を受けてみてください。

内服薬その1・プロペシア(フィナステリド)

AGAの進行を抑制するための薬として、すっかりおなじみとなっていますが、実は日本で厚生労働省に承認されたのは2005年。

まだ10年とちょっとというのは意外ですね。その効能は、男性ホルモンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変化するのを防ぐために、5αリダクターゼの働きを抑えるというもの。どちらかと言えばAGAの進行を抑えるための薬です。

AGA治療の一つ「プロペシア(フィナステリド)」を詳しくチェック>>

内服薬その2・ミノキシジル

ミノキシジルは現在のファイザー社が開発した、世界で初めて脱毛の治療薬として認可されました。血管を拡張する作用によって、毛母細胞を活性化させ、それが発毛効果をもたらしています。

AGAの治療においては、前述のプロペシアとの併用が重要と考えられています。また、内服薬だけではなく、外用薬タイプもあります。

AGA治療の一つ「ミノキシジル」を詳しくチェック>>

外用薬

頭皮に塗布あるいはスプレーするタイプで、一つは頭皮の血流改善を促し、発毛を促進・回復するもの。上記のミノキシジルを筆頭に、アロビックス、パントスチンなどが代表的なもの。

もう一つは近年注目されている成長因子。ヒト由来のタンパク質から精製されたもので毛母細胞などの活性化を促します。後述するHARG療法では主成分に用いられます。

AGA治療の一つ「外用薬」を詳しくチェック>>

育毛メソセラピー

内服薬や外用薬では効果が出ない場合の、次なるステップとして行われることが多い治療方法です。簡単に言えば、注射器や特殊な器具を用いて、薬剤を直接頭皮に注入するというやり方になります。

後述するHARG療法との違いは、注入する成分が医薬品をメインとしている点です。

AGA治療の一つ「育毛メソセラピー」を詳しくチェック>>

HARG療法

英語の、Hair Re-generative therapyに由来し、日本語では「毛髪再生医療」と訳されます。育毛メソセラピーと同じく頭皮に有効成分を直接注入しますが、こちらは成長因子を主成分に、ビタミンやアミノ酸などを配合したHARGカクテルが用いられます。

AGA治療の一つ「HARG療法」を詳しくチェック>>

自毛植毛

読んで字のごとく、自分の後頭部から採取した毛根を、薄毛が進行している部位に移植するというやり方です。ある意味、究極の治療方法ですが、コストが高いというのが最大のデメリットになります。

また実施しているクリニックも限られており、信頼や実績のある所を選ぶことが必須となります。

AGA治療の一つ「自毛植毛」を詳しくチェック>>

ページの先頭へ

薄毛治療ができる名古屋のクリニックまとめ

人気育毛サロンまとめ【名古屋編】

知っておこう!AGAの治療法一覧

そもそもAGAの原因とは?

本当に生えた…!AGAの治療体験記

どれにあてはまる?ハゲの種類

AGAの素朴なギモンQ&A

AGAとガチで向き合う!俺たちの薄毛改善バイブル【名古屋版】