AGAとガチで向き合う!俺たちの薄毛改善バイブル【名古屋版】

HOME » 知っておこう!AGAの治療法一覧 » 外用薬

外用薬

 ここでは、AGAの治療に用いられる外用薬について、種類や、概要、効果、注意点などを取りまとめて紹介したいと思います。

 AGAの外用薬とは?

外用タイプのAGA薬は、大きく分けると2種類あります。頭皮に塗布あるいはスプレーするAGA外用薬は、大きく分けると2種類。ひとつは、頭皮の血流改善を促し、発毛を促進・回復するというタイプのもの。

そしてもうひとつが――厳密には薬ではありませんが――後述する成長因子というものです。ではまず、前者のタイプから見ていきましょう。

ミノキシジル

該当ページでもご紹介している通り、現ファイザー社が開発したもの。元々は高血圧の薬でしたが、その育毛効果が注目され、現在ではAGA薬の代表格。

内服薬と外用薬の双方があることでも知られており、外用薬は各製薬会社が、それぞれ独自の配合で販売。大正製薬のリアップをはじめ、海外のロゲインやカークランドなどが有名です。

アロビックス

血管拡張作用がある塩化カルプロニウムという物質が主成分です。頭皮への浸透性が高く、毛母細胞に効果が行き渡りやすいといった特徴がアピールされています。

 パントスチン

有効成分のアルファトラジオールという物質が、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制するというお薬です。本来は女性の薄毛治療向けですが、症状によって男性にも用いられます。

 もうひとつの注目は、成長因子

AGA治療で近年注目されているのが成長因子という成分です。簡単に言えば、ヒト由来のタンパク質を原材料として、毛母細胞などの活性化を促すように精製したもの。

極めて安全性が高く、副作用や拒絶反応といったリスクが小さく、効果の持続性も高いとされていますが、費用が比較的高額になり、また歴史も浅いという短所もあります。

さらに近年では、この成長因子と、髪によいとされる栄養素を配合して用いるといったことも行われています。

管理人・石田からアドバイス

管理人石田のアイコン

AGAの外用薬には、お馴染みのミノキシジルの他にも、さまざまなものがあるのがお分かりいただけただろうか。そして実は、これらの成分を含有した外用薬は薬局などでも入手できるんだ。
ただし、繰り返し述べている通り、AGA治療というものは、一人ひとりの症状を的確に診断し、適した治療を行うことが肝心!
薬局に行くよりも、AGA専門クリニックの門を叩くことを優先すべきだということを、覚えておいてくれよな!

ページの先頭へ

薄毛治療ができる名古屋のクリニックまとめ

人気育毛サロンまとめ【名古屋編】

知っておこう!AGAの治療法一覧

そもそもAGAの原因とは?

本当に生えた…!AGAの治療体験記

どれにあてはまる?ハゲの種類

AGAの素朴なギモンQ&A

AGAとガチで向き合う!俺たちの薄毛改善バイブル【名古屋版】