AGAとガチで向き合う!俺たちの薄毛改善バイブル【名古屋版】

HOME » 知っておこう!AGAの治療法一覧 » HARG療法

HARG療法

ここでは、近年注目のAGA治療法であるHARG療法について、概要、効果、注意点などを取りまとめてご紹介したいと思います。

 HARG療法とは? 

HARGとは、英語の、Hair Re-generative therapyに由来し日本語では「毛髪再生医療」と訳されます。簡単に言えば、頭皮に専用の機器を用いて直接有効成分を注入することで、毛髪のライフサイクルを正常化し、発毛を促すという仕組みになっています。

注入する有効成分は、HARGカクテルと呼ばれるもの。主成分は「外用薬」のページでも取り上げている成長因子です。ヒト由来のタンパク質から浸透力の高い成分を抽出し精製したものになります。

ヒト由来成分のため、極めて安全性が高く、副作用や拒絶反応といったリスクも極力小さいとされています。

この成長因子をメインに、患者の症状に応じて、ビタミンやアミノ酸などを必要な各種栄養素を混合。場合によってはミノキシジルなどの薬も配合される場合もあるそうです。

HARG療法にデメリットや欠点はあるのか?

HARGカクテルは、注射器やダーマローラーという針のついたローラーが用いられるため、痛みを伴うという短所があります。

もちろん微細な針を用いたり、患部を冷やしながら行う、あるいはスクで吸入する完全無痛麻酔などのペインコントロールを行っている医院も増えてきています。 

また、内服薬や外用薬と比べると費用は高めになります。さらには、頭皮環境が悪化した状態では、有効成分を頭皮が取り込めないという事態になってしまい、発毛が見込めないというケースも起こりえます。 

状に応じて、ビタミンやアミノ酸などを必要な各種栄養素を混合したものが、HARGカクテルになります。 

管理人・石田からアドバイス

管理人石田のアイコン

生え際と頭皮の両方で薄毛が進行しつつあった俺にとって、このHARG療法はかなり興味を惹かれた。頭皮に直接有効成分を注入するというのが、効果が期待できそうと感じたからだ。だけどちょっと高くて手が出なかったんだよな~。
そんな俺は、お世話になった先生から、内服薬と外用薬の併用を続ければ発毛は期待できるとアドバイスされたんだけど、しっかり守っていたらその通りになって感激したぜ。
ただし、これは俺の場合で、人によってはHARG療法が最適という場合もあるだろうから、大事なのはAGAのクリニックでしっかり診断を受けて、適切な治療を受けるということだ!
この点をしっかり理解しておいてくれよな!

ページの先頭へ

薄毛治療ができる名古屋のクリニックまとめ

人気育毛サロンまとめ【名古屋編】

知っておこう!AGAの治療法一覧

そもそもAGAの原因とは?

本当に生えた…!AGAの治療体験記

どれにあてはまる?ハゲの種類

AGAの素朴なギモンQ&A

AGAとガチで向き合う!俺たちの薄毛改善バイブル【名古屋版】