名古屋にあるAGA病院最強リスト!栄・金山・名駅エリア

名古屋のおすすめAGAクリニック3選
AGA改善バイブル名古屋編 » 知っておこう!AGAの治療法一覧 » AGA治療薬・ミノキシジル

AGA治療薬・ミノキシジル

ここではミノキシジルの概要や効果、注意点、入手方法について解説しています。

ミノキシジルを処方してくれる名古屋のクリニック

こちらではミノキシジル治療・処方を行っている名古屋のクリニックを紹介します。

ミノキシジルには外用薬と内服薬があり、使い方を間違えた際のリスクも含め、個人での使用で効果的かつ効率の良いAGA治療を行うには若干のハードルの高さがあります。処方の際はクリニックにて一度診断を受け、自身のAGA症状や進行状況を知ったうえで、医師のアドバイスのもと効果的な治療に取り組むことが大切です。

また、AGA治療は自由診療の一種なので、ミノキシジルの処方にかかる費用はクリニックごとに異なります。もちろん料金だけでクリニックを選んでしまうのはハイリスク。

ですが、ミノキシジルは基本的に定期的かつ長期的に使用するものなので、コストパフォーマンスの良さも考えてクリニックを選ぶのも重要なポイントのひとつです。以下では各クリニックのミノキシジルの処方費用をまとめてみたのでクリニック選びの参考にしてみてください。

      

クリニック名 ミノキシジルの費用
表参道スキンクリニック 名古屋院 ミノキシジル・アミノ酸・ビタミン・ミネラルなど、発毛効果のある成分を配合した独自のヘアジニアス処方薬:21,000円~
ニドークリニック名古屋 ミノキシジルタブレット(1か月分) :6,000円
聖心美容クリニック名古屋院 ミノキシジルタブレット100錠:20,520円

表参道スキンクリニック 名古屋院

表参道スキンクリニック 名古屋院のHP画像

患者ごとの症状や体質に合わせたオーダーメイドでの薬剤を処方するため、診察時に必ずカウンセリングを行なって血液検査や頭皮の状態・健康状態をチェックしてから治療に入ります。処方される薬剤にはミノキシジル・アミノ酸・ビタミン・ミネラルなどがバランスよく調合されており、患者の99%が発毛効果を実感できたというデータもあります。ミノキシジルで発毛治療を行うにあたり、効果と安全性に優れたおすすめのクリニックです。

オーダーメイド薬剤処方のほか、頭皮にミノキシジルや成長因子を直接注入し発毛作用を促す、発毛頭皮ケアも合わせて受診できます。

治療方法 オーダーメイド処方(ミノキシジルなどを適切に調合した薬剤を処方)
医療発毛頭皮ケア(ミノキシジルや成長因子を頭皮に注入)
住所 愛知県名古屋市中区錦3-17-15 栄ナナイロ8F

ニドークリニック名古屋

ニドークリニック名古屋のHP画像

薄毛治療やAGAを専門に診療しているニドークリニック。ミノキシジルを使用した治療は塗り薬や頭皮に直接注射する治療法があります。塗り薬でかゆみやかぶれなどの症状が起きてしまう人でも問題ない治療法であり、その効果も高いため、直接注射がおすすめです。

ほかにも注目なのが、手軽で治療を継続しやすい内服薬のタブレットです。患者の症状によって使い分けて治療してくれます。

治療方法 ミノキシジル注射、ミノキシジルタブレット処方など
住所 愛知県名古屋市中区錦3-22-26 名古屋スルガビル2F

聖心美容クリニック名古屋院

聖心美容クリニック名古屋院のHP画像

聖心美容クリニックでは、ミノキシジルタブレットをほかの治療法と組み合わせて積極的に処方しています。患者からも好評で、外用薬のミノキシジルに比べ、タブレットの方が吸収されやすく高い効果を発揮するとのこと。ミノキシジルが5%配合された「リアップX5プラス」も用意されています。

そのほか各種内服薬や外用薬を症状に合わせて組み合わせた複合的な治療を得意としているクリニックです。

治療方法 ミノキシジルタブレット処方、リアップX5プラス処方など
住所 愛知県名古屋市西区牛島町6-24 アクロスキューブ名古屋5F

ミノキシジルとは?

男性の髪の毛

ミノキシジルはアメリカの製薬会社のアップジョン社(現ファイザー社)が開発し、世界で初めて認可された脱毛症の治療薬です。

もともとは血管を拡張し、血圧を下げる効果のある薬として高血圧の治療に使用されていましたが、副作用で多毛症になる人が多かったため、その後研究が進み脱毛症に効果があることがわかりました。

そこでアップジョン社は、1980年代に2%濃度のミノキシジル外用剤「ロゲイン」の販売をスタート。世界40ヶ国以上で一般用医薬品として承認・販売されている知名度の高いAGA治療薬として知られています。日本でも広く認知されていますが、ミノキシジルは未認可の医薬品であるため、使用には細心の注意を払う必要があります。

ミノキシジルはプロペシアとの併用がおすすめ

ミノキシジルは直接毛母細胞に働きかけ、毛母の細胞分裂を活性化させて髪の成長を早める働きをします。

ミノキシジルで効果的に治療を行うには、経口育毛剤のプロペシア(フィナステリド)との併用が重要とされています。

プロペシアは脱毛を引き起こす成分を体内で阻害する効果がある脱毛防止薬ですが、ミノキシジルと併用することで、ミノキシジルが発毛因子を刺激して発毛を促す効果があります。

つまり、プロペシアが脱毛を防止し、ミノキシジルがそれを補うように発毛を促進させるというわけです。発毛治療を専門に扱う病院では、患者のコンディションに合わせて、プロペシアの処方とミノキシジルを塗ることで効力を上げているところも多くあります。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの副作用で最も多く見られるのが頭皮のかゆみです。疹やかぶれ、フケといった症状が出たり、皮膚が赤みを帯びたりすることもあります。また、ミノキシジルはもともと高血圧の治療に使われていた薬なので、高血圧以外の人が使用した場合、ミノキシジルにより低血圧を招くことがあります。

もし、使用中にこれらの症状が現れた場合は自己判断せず、かかりつけの医師に相談するようにしましょう。

AGA専門の医療機関で処方してもらうのがベスト!

ミノキシジルの入手方法は、商品によって違いがありますが大きく分けて3つあります。

薬局で購入する

1つは薬局で購入する方法です。日本で販売されているミノキシジル製品には大正製薬のリアップがあります。

前述のとおり、日本ではミノキシジルを含んだ医療用医薬品の発売は認可されていません。ですが、大正製薬が一般用医薬品として開発を行い、1999年にミノキシジル1%濃度の「リアップ」をダイレクトOTC第1号製品として発売開始。その6年後の2005年には女性向けの「リアップレディ」、2009年にはミノキシジル濃度5%の「リアップX5」の発売がスタートしています

ただ、リアップシリーズは第2類以下に比べて副作用が生じるおそれの高い医薬品とされており、薬剤師は購入者へ、医薬品の情報を積極的に説明する義務を負っています。そのため、リアップシリーズを薬局やドラッグストアなどで購入する場合は薬剤師が常駐していることが条件となります。

大手ドラッグストアであれば薬剤師が常駐しているところが多いですが、出勤が不定期だったりする店舗もありますので要注意です。

病院で処方してもらう

2つめは病院で処方してもらう方法です。AGA治療を行っている病院では元祖ミノキシジル外用薬であるロゲインやそのジェネリック医薬品であるカークランドなどの海外既製薬を処方してくれるところもありますが、患者に合わせたミノキシジル含有濃度で処方してくれるところもあります。

たとえば表参道スキンクリニック名古屋院では、ミノキシジルとともにアミノ酸やビタミン、ミネラルなどの成分を独自にバランス良く組み合わせたヘアジニアス内服薬または外用薬を処方しています。

さまざまな成分が配合されているぶん、ミノキシジル単体での処方よりも値段は高くなります。ですが、ミノキシジル単体では物足りなかったという人や、こだわりのある治療を試してみたいという人は検討してみてもよいでしょう。

個人輸入代行業者から購入

その他の入手方法として個人輸入代行業者から購入することも可能です。現在はインターネットを通じて個人輸入代行業者から手軽に海外製の医薬品等を入手できるようになりました。国内の医療機関での処方に比べると価格はリーズナブルですが、ミノキシジルの場合副作用の心配もあります。

特に内服薬の場合は体型の小さい日本人が、ミノキシジル成分含有量の多いものを内服するのは危険を伴いますので注意が必要です。

そもそもミノキシジルに限らず、国内未承認の海外製医薬品を、個人輸入代行業者を通じて入手することには一定のリスクをともないます。厚生労働省でも公式サイトにて「医薬品等を海外から購入しようとされる方へ」と題して海外製医薬品の個人輸入について警告を発しています。その理由は大きくわけて3つあります。

【1.安全性の保証がない】

日本で正規販売されている医薬品は医薬品医療機器等法(薬機法)に基づいて品質や有効性、安全性が確認・保証されています。しかし国内未承認の外国製品にはそのような保証は一切ありません。もちろん海外でも一定レベルで医薬品等の品質確認を行っていますが、その基準は各国で異なるため、日本と同レベルの確認が行われていない場合があります。最悪の場合、有害な物質が含まれていたり、衛生的に問題のある場所・方法で製造されていたりするケースも考えられますのでリスクは高めです。

【2.偽物の可能性がある】

海外向けに輸入される医薬品は人気の高さにともない、偽物も多く流通しています。一見してまがいものとわかるようなお粗末なものもあれば、ぱっと見ただけでは本物と区別がつかないほど精巧に作られている製品も少なくありません。偽物の場合、本来の効き目を期待できないのはもちろんのこと、体に異常をきたすトラブルに見舞われるおそれもあります

また個人輸入された海外製医薬品はパッケージ、説明書ともに外国語で記されている場合が多く、大半の日本人はよく目を通さずに使用してしまいがち。偽物の場合、規制当局によって認められていない効果や効能を謳っていることや、副作用についての注意書きがなされていないこともあります。

【3.救済措置を受けられない】

日本国内で薬機法を遵守した上で販売されている医薬品に関しては、用法・用量を守って適切に使ったにもかかわらず重篤な副作用などが生じた場合、医薬品副作用被害救済制度によって救済措置を受けることができます。一方、海外から個人輸入した医薬品については救済措置の対象外となるため、万一健康被害が出た場合は自己責任となります。

以上のことから、厚生労働省ではメリットよりもデメリットのほうが大きいため、個人輸入で海外製の医薬品を入手することをおすすめしていません。どうしても個人輸入したい場合は独断せず、身内やかかりつけの医師、薬剤師などの専門家に相談することを推奨していますが、一般人が薬の副作用を判断したり、偽物を見極めたりするのはかなり難しいため、利用は避けたほうがよいでしょう。

入手方法の中では薬局で購入するのが最も手軽ですが、リアップは値段が高い上にミノキシジル含有量も1%と少なく、本当に自分に合っているかどうかも判断できません。

ミノキシジル5%の「リアップX5」もありますが、濃度が高くなると副作用のリスクも高まるため、医師の診察なしで使用するのはハイリスクかもしれません。

サイトを通じて利用できる個人輸入代行も便利ではありますが、正規品が送られてくるという保証がないぶん、リアップを購入するよりもさらにリスクは高くなります。

やはり、少々手間はかかりますがAGA専門の医療機関で検査を受けた上で処方してもらった方が、副作用の心配も少なく安全で確実です。

効果の高いプロペシアとの併用を考えると、医療機関からの入手がベストの選択と言えるでしょう。

ミノキシジルの効果的な服用方法

AGA治療に欠かせないミノキシジル
その種類と効果的な使用方法をご紹介します

ミノキシジルは大きく分けて外用薬と内服薬に分けられます。

ミノキシジル外用薬

もともとミノキシジルは高血圧患者のために用いられてきた治療薬でした。高血圧の患者の血管を広げ血流を良くする効果がありますが、内服していた患者によって発毛効果を確認できたため、薄毛の治療にも用いられるようになったのです

現在は内服薬だけでなく、外用薬もたくさんの種類が販売されています。塗り薬やスプレータイプなど形状もさまざまで、自分の好みや使い心地に合わせて選ぶことができます。 たとえば頭部全体に塗るなら伸びの良いローションタイプ。特定の部位にのみピンポイントで使用したいならスプレータイプ。前頭部などに使う場合は垂れにくいジェルタイプを使用するなど用途に応じて使い分けることもできます。 成分をダイレクトに取り込む飲み薬に比べると、安全性が高いのが特徴です。しかし内服薬と比べ、体質によっては効果が劣ることも。ほかの治療と組み合わせて、補助的に使用することがほとんどです。

ミノキシジル内服薬(ミノキシジルタブレット)

外用薬に比べて高い効果を発揮するタブレットタイプの内服薬。じつはミノキシジルの成分は皮膚からは吸収されにくく、頭皮に塗ってもなかなか浸透しません。直接服用することによって、効率よく体内に吸収できるようになるのです。

服用方法は2.5mgのもので1日2錠が目安です。5mgを1日に1度、時間を決めて服用することもありますが、なるべく副作用をおこさないように2.5mgを1日のうち間隔をあけて2錠飲むのがおすすめです。効果が出やすく、手軽に服用できるミノキシジルタブレットは出先でも利用しやすいため、出張や旅行があっても利用しやすいところが特徴。医療機関を受診する場合、約1ヶ月分をまとめて処方してもらうことが多いので、クリニックが遠方でなかなか通院できない方にも人気が高い治療法です。

ミノキシジルタブレットの主な種類

ミノキシジルタブレットは、その含有量に応じて2.5mg・5mg・10mgの3種類があります。

  2.5mg 5mg 10mg
メリット 使い初めに最適 バランスが良い 高い効果を期待できる
発毛効果 比較的低い 中程度 もっとも高い
副作用リスク 比較的低い 中程度 もっとも高い
ミノキシジルタブレットの主要製品

国内外で流通している代表的な製品には以下が挙げられます。

  • ロニテン(Loniten):米ファイザー社製

米ファイザー社製のミノキシジルタブレットです。ミノキシジル含有量は5mgと10mgの2種類があり、2.5mg含有の商品は販売されていません。副作用などを懸念されるなら、5mgの錠剤をピルカッターで分割してもよいでしょう。

実績と信頼感の高いタブレットですが、比較的高価な治療薬でもあります。

  • ロニタブ:印インタスファーマ社製
  • ノキシジル:泰TO Med社製
  • ディルミノックス:印スティードファスト・メディシールド

これらはロニテンのジェネリックとして知名度の高い商品です。ロニテン同様に2.5mg含有の商品は未販売で、5mgと10mgの2種類が流通しています。

効果が高いぶん、使いかたを誤ると大きなリスクも
使用方法を守って効果的な治療を行ないましょう

ミノキシジルは高い効果を発揮するだけではなく、副作用も大きいため医師の診察を受けて正しく使用する必要があります。

タブレットで飲みやすく、気軽に摂取してしまいがちです。しかし、飲み方が厳密に決まっている医薬品ですので、飲み方を誤ると重大な障害を引きおこす可能性があります。高血圧患者のための薬でもあるので、服用後に血圧が下がってしまう症状もあるのです。不整脈や手足のしびれ、頭痛を引き起こすことも。内臓の病気にかかっている人や未成年、高齢の方は服用できない場合があります。

ミノキシジルタブレットを服用したい場合は、AGAの治療を行っているクリニックで必ず医師の判断のもと処方してもらうようにしましょう。

現在はインターネット上などで気軽に購入できるタブレットがあるようですが、個人輸入で品質の保証がないものや偽造医薬品の可能性もあり、リスクが高く危険です。ほかの薬と併用して飲んでしまってもトラブルの原因になることも。中にはどうしても体質的に合わない人もいます。必ずクリニックを受診し、医師の判断で処方されるタブレットを服用するようにしましょう。

管理人・鈴木からアドバイス

管理人鈴木のアイコン

俺の場合は、父親と祖父から受け継いだ頭頂部が薄くなるO字ハゲだった…。治療には、AGAの進行を防止するプロペシアと、発毛を促すミノキシジルを併用した。
おかげさまで一時は絶望しかけていた頭頂部だったが、だんだんと髪の毛が蘇ってきている…!(感涙)ちなみに頭皮のかゆみは最初はあったものの、慣れたら平気だったぞ^^。
ただし、これはあくまでお医者さんに診断を受けた上で、私の頭皮の状態に最も適した方法はこれだと判断してもらったゆえの結果。
実は、それ以前に、市販の育毛剤をあれこれ試してみたんだけど、ハッキリ言って効果は出なかったんだ…。 
つまるところ、AGAの治療というものは、患者ひとり人に合わせて最適な治療をしてもらうことが大事なのだということを、身を持って教えられたよ。
洋服で例えるなら、フルオーダーメイドということだな(笑)。結論としては、自己流で遠回りするよりも、ちゃんとお医者さんに看てもらうことが近道ということだ!

俺たちでも生えた!AGA治療体験記
AGA治療で薄毛を治した
このサイトの管理人たち
  • 営業マン 鈴木

    薄毛の家系に生まれ、昔から「お前は将来ハゲる」と言われていたが、本当にO字型の薄毛になってしまい悩んでいた

  • 自営業 石田

    昔は髪が多く1本1本が太かったため「俺がハゲる訳がない」と思っていたが、U字型の薄毛になってしまい悩んでいた

  • アパレル 中村

    昔は金髪やパーマをあてまくっていた結果、M字型の薄毛になってしまい悩んでいた

絶対ハゲたくない人、必見!名古屋のおすすめAGA治療病院まとめ【栄・金山・名駅】