AGAとガチで向き合う!俺たちの薄毛改善バイブル【名古屋版】

HOME » 知っておこう!AGAの治療法一覧 » 内服薬その1・プロペシア(フィナステリド)

内服薬その1・プロペシア(フィナステリド)

ここではプロペシアの概要や効果、注意点について説明しています。また、プロペシアの入手方法についても解説しているので参考にしてください。

プロペシアとは?

プロペシアとはAGA(男性型脱毛症)の進行を抑制するための薬で、飲む育毛剤と言われています。

発売当初は育毛剤ではなく、前立腺肥大症の治療薬として使われていました。しかし、プロペシアを飲んだ患者から髪が生えたという声が次々に聞こえ、改めて研究・開発を行ったところ、FDA(アメリカ食品医薬品局)に育毛剤として認定されました。

日本では、2005年に厚生労働省に承認され、万有製薬より発売。現在では日本を含めた世界60ヶ国以上で使用されています。

男性脱毛症テストステロン(男性ホルモン)が還元酵素(5αリダクターゼ)にDHT(ジヒドロテストステロン)に変換され、毛母細胞の働きを抑制するタンパク質を生成することが原因で起きます。

プロペシアの主成分であるフィナステリドは、5αリダクターゼの働きを抑え、AGAのおもな原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)に変化されることを防ぎ、脱毛の進行を阻止するものです。

そのため、髪が増えるというより、どちらかというと現状を維持することが期待できる薬になります。抜け毛が少なくなったり、髪が細く短くなるのを防ぐために結果的に薄毛が目立たなくなるというわけです。

万有製薬の調査によると、プロペシアの服用を続けた98%の人が3年間AGAの進行がなかったという結果が出ています。

プロペシアは男性のみの適応なので、女性の適応はありません。特に妊婦・妊娠の可能性がある人、授乳中の人は服用を避けなければなりません。

また、20歳未満での服用は安全性や有効性についてまだ確立されたデータがないようなので避けたほうがよいでしょう。

副作用に関しては過敏症としてかゆみや蕁麻疹などが出ることがあります。また、性欲減退や勃起不全、精子の減少などが起こるとされますが、発症率は全体の数%です。

プロペシアの入手方法

プロペシアは医薬品として承認を受けているため、医療機関において医師からの処方を受けて入手するのが原則です。処方にあたっては患者の健康チェックが行われ、問題なしと判断されれば処方されます。

その他の入手方法としては個人輸入代行業者から購入することも可能です。ネット販売しているところがほとんどで、購入数と必要事項を記入し代金を支払えば、自宅まで送付してもらえます。

医療機関と比べると価格も安く、手軽ですが中には悪質な業者もあるので注意が必要です。また、プロペシアは副作用があるので、安全性という点で考えると医師の診断のもとに処方してもらうのがベストでしょう。

また、プロペシアだけ入手して個人でAGA治療を行うのは限界があります。薄毛の状態を様々な角度で分析してもらったり、診断してもらえる医療機関を選ぶほうが確実に治療することができます。

管理人・中村からアドバイス

管理人中村のアイコン

プロペシアはAGA治療の中でも、広く用いられている薬として知られているけれど、実は日本で司式に認可されたのは2005年で、まだ10年とちょっとらしい。
俺は不幸中の幸い(?)にして、同僚の石田・鈴木に比べて比較的経度なM字ハゲだったから、プロペシアの服用をメインとした治療で症状を改善できた!
しかし、これもお世話になったお医者さんの確かな見立てがあったからこそ。
上記でも触れている通り、プロペシアはAGAの進行を食い止めるための薬だから、発毛を促すには毛根が生きていることが前提だ。
俺の先生は、私の毛根が一時的に活動を休止しているだけと判断したうえで、プロペシアを処方してくれて結果を出すことができた。
つまり、抜け毛に悩む方がただプロペシアを飲めばいいということではない点が要注意!ネット通販で購入して飲めばいいとの考えは改めて、まずはお医者さんに看てもらうことが大事だぞ!

ページの先頭へ

薄毛治療ができる名古屋のクリニックまとめ

人気育毛サロンまとめ【名古屋編】

知っておこう!AGAの治療法一覧

そもそもAGAの原因とは?

本当に生えた…!AGAの治療体験記

どれにあてはまる?ハゲの種類

AGAの素朴なギモンQ&A

AGAとガチで向き合う!俺たちの薄毛改善バイブル【名古屋版】