名古屋にあるAGA病院最強リスト!栄・金山・名駅エリア

名古屋のおすすめAGAクリニック3選
AGA改善バイブル名古屋編 » 知っておこう!AGAの治療法一覧 » プロペシアのAGAへの効果と名古屋での購入価格・入手法を調査! » プロペシアの服用年齢

プロペシアの服用年齢

ここではプロペシアの服用年齢について説明しています。若い人と40代・50代ではプロペシアの効果の効きやすさがどのように異なるのかも解説しているので参考にしてください。

若い人のほうがプロペシアは効きやすい?

結論からいうと、プロペシアは若い人ほど高い効果を得られるAGA治療薬です。それは一体なぜなのか、詳しく見ていきましょう。

若い人は毛髪の再生速度が速い

AGAの進行を抑制する効果が期待できるプロペシアは、若い人のほうが効果を感じやすいと言われています。それは、年齢が若いほどAGAの症状がまだ進んでいないということと、若い人は40代・50代に比べて毛髪の再生速度が速いことが理由に挙げられます。プロペシアの抑制効果でAGAの進行を抑えている間に、抜け毛が減り速い毛髪の再生によって髪が生えてくることから、若い人は回復力が高くプロペシアが効きやすいとされているようです。

AGAの進行度合いも効き目に関与

AGAは進行すればするほど薄毛の改善が難しくなってしまうため、早期のうちに治療を開始することが重要になってきます。

年齢を重ねるとAGAだけでなく加齢による薄毛の進行が進む場合も。だんだんと髪が細くなっていき、薄くなってしまいます。そうなってしまうと、回復しなければいけない範囲がますます広がってしまい、プロペシアで進行を防いだとしても毛髪が生えそろうまでに時間がかかり、効果を感じにくくなってしまうようです。

しかし、40代・50代に比べて年齢が若い人ほどAGAの進行スピードが遅いケースが多いため、その進行が遅いうちにプロペシアを服用することで症状の進行に歯止めをかけ、毛髪を回復させることができます。その意味でも若い人にはプロペシアの効果が高いと言えるようです。早期治療はとても重要。薄毛や抜け毛が増えてきたと感じたら、早い段階で治療を開始しましょう。

未成年へのプロペシア処方はNG

成長ホルモンの妨げになる可能性!

成長途中にある未成年がプロペシアを使用した場合、成長が止まる可能性があるため、使用を禁止されています。

プロペシアは脱毛の原因になる男性ホルモンの分泌を抑えることで、毛髪の減少の進行を食い止める働きを持つ薬。毛髪が抜けるのを防ぐ有効成分・フィナステリドは、成人男性が処方した場合でも副作用として肝機能障害や勃起不全が起こったり、精子が影響を受けたりすることが分かっています。体がまだまだ成長途中にある未成年者が服用した場合、どのような影響が出るのかはまだまだ分かっていないのです。

メーカーが禁止している

プロペシアの販売を行っているメーカーは未成年者への服用を禁止しています。

プロペシアの代表的な販売元であるMSD株式会社では「効能・効果に関連する使用上の注意」で「20歳未満での安全性及び有効性は確立されていない」と注意喚起を行っています。

医師も服用をおすすめしていない

プロペシアを服用するためには医師から処方を受ける必要があります。しかし、プロペシアは20歳未満が服用した時の安全性と有効性は確立されていない薬。未成年者に処方した場合の前例がないため、身体にどんな副作用が出てくるのか予測がつきません。医者からの処方を受けられる可能性はゼロと考えたほうがいいでしょう。

40代・50代のプロペシア効果は?

薄毛は年齢を重ねるごとに進行していくため、「年齢のせい」と治療を諦めてしまう40代・50代も多いもの。しかし、原因が根深く解決が難しいからこそ、クリニックで処方される治療薬の力を借りると改善する可能性がより高くなります。ここでは皮膚科学会も推奨する治療薬・プロペシアが40代や50代にどのような効果を発揮するのかまとめました。

効果はあるが「現状維持」の声も

プロペシアの効果は抜け毛を防ぐことにあり

プロペシアは服用を重ね正常なヘアサイクルに戻すことにより、今生えている毛髪を太く長い毛にする効果のある薬。つまり元気のない毛髪に活力を与えて、抜け毛を減らす働きを持っているのです。しかし毛根がなくなってしまった頭皮には働きかける毛髪がないため、増毛・発毛の効果をあまり期待できません。

根本的な治療が難しいAGA

AGAは、生活習慣の乱れを改善すれば、必ず治るというものではありません。生活習慣の乱れの他にも、ストレスなど原因は多岐に渡るといわれています。そのため、AGA治療は、さまざまなアプローチの治療方法があるのです。その中でもAGA治療薬のプロペシアは服用することで「進行を止める」ことが分かっています。

AGAの治療は早く始めれば始めるほど効果的。抜け毛を防ぐ効果を持っているプロペシアも同じで、服用するのはAGAの症状が出始めてから早ければ早いほど高い効果を期待できます。

発毛には治療薬の併用が不可欠?

Wの育毛パワーで抜け毛を防ぎながら増やす

プロペシアは、これ以上抜け毛を増やさないために服用する予防タイプの育毛薬。つまりAGAという攻撃から防御するためのアイテムです。しかし40代・50代ともなると20代と比べて自ら若い毛を発毛させる力が落ちてしまい、ただ防いでいるだけでは現状維持しかできない可能性も。そのため「発毛効果」を持った育毛薬と合わせて使うと、攻守ともに優れた頭皮環境に整えることが可能になります。

医学界が勧める二大治療薬

日本皮膚科学会がまとめたAGA診療ガイドラインでも、プロペシアとミノキシジルの併用が推奨されているほど。AGA治療に効果があるとして、最も高い評価である「A」に認められているのはプロペシアとミノキシジルだけです。発毛効果には個人差がありますが、より高い効果を得たいと思うなら抜け毛を減らして新たに増やすために、ふたつの治療薬で治療を行うのが効率的かもしれません。

プロペシアと併用して使えるほかの治療薬について詳しく見る>>

【最安3,980円~】名古屋でプロペシアを処方してくれるクリニックを見る>>

発毛実績が豊富な名古屋のAGA専門クリニックおすすめ6選を徹底紹介!

俺たちでも生えた!AGA治療体験記
AGA治療で薄毛を治した
このサイトの管理人たち
  • 営業マン 鈴木

    薄毛の家系に生まれ、昔から「お前は将来ハゲる」と言われていたが、本当にO字型の薄毛になってしまい悩んでいた

  • 自営業 石田

    昔は髪が多く1本1本が太かったため「俺がハゲる訳がない」と思っていたが、U字型の薄毛になってしまい悩んでいた

  • アパレル 中村

    昔は金髪やパーマをあてまくっていた結果、M字型の薄毛になってしまい悩んでいた

絶対ハゲたくない人、必見!名古屋のおすすめAGA治療病院まとめ【栄・金山・名駅】