名古屋にあるAGA病院最強リスト!栄・金山・名駅エリア

名古屋のおすすめAGAクリニック3選
AGA改善バイブル名古屋編 » 知っておこう!AGAの治療法一覧 » プロペシアのAGAへの効果と名古屋での購入価格・入手法を調査! » ほかの治療薬とプロペシアの併用

ほかの治療薬とプロペシアの併用

AGA治療に効果的なプロペシアは、ほかの治療薬と併用することでその効果をさらに活かすことができます。ただし、効果の高い薬だけに身体に与える影響も強く、注意しなければならない点も。正しい用法を守って服用しましょう。

ミノキシジルとの併用が効果的

プロペシアと併用することで効果をさらに発揮するのがミノキシジルです。ともに有名なAGA治療薬であり、患者からは同じような薬として見られがちですが、その治療効果や狙いはまったく異なるものです。2つの治療薬の差異と併用メリットについて詳しく見てきましょう。

プロペシアの効果

プロペシアの効果をひとことで言うなら、AGAの進行を食い止める薬です。AGAは男性ホルモンの一種が変化し、髪の毛に対して脱毛を増やす信号を送っていることが原因となっています。

プロペシアは脱毛の原因となっている男性ホルモンを正常値に戻し、髪の毛の成長サイクルが適切となるよう促す働きを持っているのです。結果、抜け毛の減少などAGAの進行を止めたり遅らせることができるのです。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルはプロペシアのようにAGAの進行を止めるためのものではなく、髪を発毛させるための薬。ミノキシジルは本来高血圧の治療薬として開発されていた薬です。血管を拡張することで血管に掛かる圧力を軽減することを目的としていました。

ところがミノキシジルによって血管が拡張すると血流がよくなり、発毛に必要な栄養素も効率よく運ばれることで発毛が促進されることが明らかになったのです。髪の毛の発毛サイクルを正常化するプロペシアとは全く異なる発毛効果だと言えます

プロペシアとミノキシジルの相乗効果

プロペシアとミノキシジル、どちらもAGAの治療には効果的な治療薬です。それぞれが別のアプローチから脱毛を減らし、発毛を促します。プロペシアとミノキシジルを同時に服用することで相乗効果が得られ、その治療効果が最大限に発揮されるのです。

併用した方が良い理由

プロペシアを飲んでいるだけでは発毛はあまり期待できず、ミノキシジルを服用しているだけでも脱毛は減りません。二つの薬を組み合わせることで、脱毛を減らしつつ発毛を増やす『両方』が可能となるのです。2種類の薬を併用する、飲み合わせからの副作用もありません。もちろんそれぞれの薬には服用の注意点があるので、それを守ってさえいれば効果の高い治療が期待できるでしょう。

AGA専門クリニックでも複数の薬を併用

AGA治療専門のプロフェッショナルクリニックでも、ほとんどの場合はプロペシアとミノキシジル、または同様に発毛効果を得られる薬を併用しています。

AGA専門のクリニック以外では治療にプロペシアしか使用しない場合があります。この2つの相乗効果はぜひ覚えていただき、今後の治療に役立ててください。

オリジナル処方との組み合わせも効果的

クリニックによっては、ミノキシジルだけでなく髪の毛の成長を促す各種ビタミンなどもブレンドされた発毛薬を処方しているところもあります。発毛を促すオリジナル治療薬を、患者の検査結果に応じて必要な成分を組み合わせて処方するのです。

最大の効果が期待できるオーダーメイド発毛薬

AGAの原因となっているのは男性ホルモンの影響ですが、発毛を効果的に行なう方法は患者一人ひとり異なります。例えばAGA専門クリニック「表参道スキンクリニック名古屋院」では、ビタミンやミネラル、アミノ酸などの成長因子が患者に合わせてバランスよく配合された発毛薬を処方しています。頭皮の状態や健康状態、体質に合わせ、最大の効果が期待できるAGA治療を受けられるのでおすすめです。

オーダーメイド治療・HARG療法など最先端AGA治療を【発毛率】で検証>>

ザガーロとの併用は?

結論からいうと、プロペシアとザガーロは同時に服用してもあまり意味がありません。それぞれ薬の成分は異なりますが、その治療効果には類似する点が見られるからです。

どちらか片方を選び内服すべき

プロペシアとザガーロはそれぞれ全く異なる成分が含まれています。この2種類の薬の併用はあまり推奨できません。

プロペシアは2005年に日本でAGA治療薬として利用されるようになったフィナステリドという成分を含む医薬品。対して、ザガーロは2016年に販売開始。有効成分デュタステリドが使われている医薬品です。

それぞれ成分が異なりますが、どちらの薬もAGAの原因となっている男性ホルモンを改善する働きを持つため、身体に与える影響はほぼ同じと言われています。

類似する効果を持つ薬を併用しても、あまり意味がありません。そればかりかプロペシアもザガーロもそれぞれ副作用があり、過剰服用によるリスクが高まるだけで発毛効果が上がることはないでしょう。

プロペシアとザガーロのどちらを使うべき?

類似するAGA治療効果があるプロペシアとザガーロ。では一体どちらを使えばよいのでしょうか。

遺伝子検査で選ぶ

遺伝子検査を行うと、体質に合った薬を判断できます。プロペシアとザガーロのどちらを使うべきか、個人の体質や症状、AGA進行状況などから総合的に選択べきでしょう。それを調べる方法がAGAリスク遺伝子検査。遺伝子から詳細に調査することで、どちらの治療薬が体質に合っているか確認できます。

コストで選ぶ

薬を選ぶポイントでもう一つ重要なのが薬代。プロペシアの1ヶ月分の平均価格は6,000円、ザガーロの平均価格は8,500円です。遺伝子検査の結果、プロペシアもザガーロどちらも問題なく使えるようなら、プロペシアの選択が優先されるかもしれません。

どちらの薬も長期間続けて服用しなければならないので、選び間違えてしまうと効果が得られないばかりかムダな出費が増えてしまうばかりです。

プロペシアに併用使用禁忌薬はない

プロペシアは、どんな薬と同時に服用しても基本的に問題はないとされています。

併用服用の結果、副作用が増え身体に悪影響を与える取り合わせは禁忌薬と呼ばれ、医師や薬剤師の判断で飲み合わせが禁止されています。プロペシアはこの禁忌薬がないとされ、これまでもほかの薬と併用して問題が起きた例がありません。

ただし、病院で薬を処方してもらうときはプロペシアを服用していることを必ず医師に伝えましょう。どんな薬にも副作用があり、併用することでリスクが高まる可能性もあるからです。

【最安3,980円~】名古屋でプロペシアを処方してくれるクリニックを見る>>

プロペシアと他治療薬の併用にまつわる口コミ・評判を見る>>

俺たちでも生えた!AGA治療体験記
AGA治療で薄毛を治した
このサイトの管理人たち
  • 営業マン 鈴木

    薄毛の家系に生まれ、昔から「お前は将来ハゲる」と言われていたが、本当にO字型の薄毛になってしまい悩んでいた

  • 自営業 石田

    昔は髪が多く1本1本が太かったため「俺がハゲる訳がない」と思っていたが、U字型の薄毛になってしまい悩んでいた

  • アパレル 中村

    昔は金髪やパーマをあてまくっていた結果、M字型の薄毛になってしまい悩んでいた

絶対ハゲたくない人、必見!名古屋のおすすめAGA治療病院まとめ【栄・金山・名駅】