名古屋にあるAGA病院最強リスト!栄・金山・名駅エリア

名古屋のおすすめAGAクリニック3選
AGA改善バイブル名古屋編 » 知っておこう!AGAの治療法一覧 » プロペシアのAGAへの効果と名古屋での購入価格・入手法を調査! » プロペシアの効果

プロペシアの効果

AGAの治療薬として広く知られているプロペシア。今では多くのクリニックが採用している薄毛治療薬です。こちらのページでは、プロペシアを服用することでどのような効果を得られるかを詳しく説明しています。薄毛に悩む男性は必見ですよ。

プロペシアがAGA治療に作用するメカニズム

プロペシアがAGA治療によく利用されている理由には、その治療効果の高さがあります。

薄毛になる原因および改善策を理解すれば、薄毛の進行を止めて毛髪を増やすことが十分に可能です。AGAの原因、髪の成長を妨げる物質の正体とは何なのか? プロペシアに含まれる成分の効果と一緒に確認していきましょう。

AGAの原因物質「DHT」とは

DHTとはどんな物質?

AGAの原因物質として、男性ホルモンの一種「ジヒドロテストロン(DHT)」が挙げられます。

DHTはテストステロンと呼ばれる髪の毛をつくる働きを持つ男性ホルモンに由来します。テストステロンがα‐リダクターゼという酵素と結びつくことでDHTに変換され、まったく異なる作用を持つようになるのです。その作用は薄毛と深い関わりを持っています。

DHTの作用

DHTには髪の毛の成長サイクルを狂わせてしまう作用があります。DHTが髪の毛をつくる毛母細胞に入り込むと、毛乳頭細胞に存在する男性ホルモンと結びつき髪の毛の成長を抑制してしまいます。毛が太く長く成長する前に抜け毛となってしまう結果、徐々に薄毛が進行していくのです。

AGAで悩む男性にとって、このDHTはとても厄介な存在です。実際にAGAの症状が見受けられる男性の頭皮には、正常な男性の頭皮と比べて多くのDHTが確認されます。

よってAGAを進行させないためには、DHTの生成から抑えていくことが必要不可欠となるのです。

DHTの生成と遺伝的要因

DHTが生成されるメカニズム

DHTはもともと体内にある成分ではありません。精巣から分泌されるテストステロンが5α‐リダクターゼという還元酵素と結合することによって生成されます。5α‐リダクターゼにどれだけ影響されるかどうかでDTHの生成量も変わってきます。

よく「男性ホルモンが多い男性に薄毛が多い」と耳にしますが、これは大きな誤解。同じ年代の男性でも薄毛の人とまったく薄毛にならない人がいるのは、5α‐リダクターゼからの影響を受けやすいかどうかが関係しているのです。

5α-リダクターゼの影響を受けやすい人とは?

5α-リダクターゼの作用の強さは遺伝的な要因が大きく関係しているため、生まれた時から決まっています。父親か母親が薄毛であった場合は、高い確率で薄毛になりやすい体質が子へ引き継がれるのです。

しかし両親が薄毛だからといって100%薄毛になるわけではなく、あくまでも薄毛になりやすい体質が遺伝するだけのこと。しっかりと薄毛対策をすれば、毛髪量をキープできます。

プロペシアの成分「フィナステリド」の働きかけ

フィナステリドとは、プロペシアに含まれている成分で、AGAによる薄毛を防止する作用があると言われています。ここでは、フィナステリドの効果について説明していきます。

テストステロンと5α-リダクターゼ結合を阻止する

フィナステリドには、テストステロンと5α-リダクターゼが結合するのを阻止する働きがあります。AGAの主な原因となるDHTの生成を弱めてくれるため、AGAの進行を抑えることが可能です。成長期の毛髪が長く太く成長できるようにサポートするだけでなく、抜け落ちにくくする働きもあります。

頭皮に皮脂が溜まるのを防いでくれる

薄毛の原因のひとつに頭皮に皮脂が溜まりすぎることが挙げられます。頭皮に過剰な皮脂が溜まることは血行不良を起こす原因。フィナステリドが皮脂の分泌を適切な量に抑えることで、髪の発育サイクルを整えます。AGA治療においては、頭皮の分泌量を抑え血行を良くすることは必要不可欠です。

徐々にヘアサイクルを改善してくれる

フィナステリドを服用すると、ヘアサイクルを改善させることができます。薄毛の症状が現れてから間もない状態であれば、毛が生えていなくても毛根が生き残っている可能性が高く、その毛根にフィナステリドの成分が作用して発毛を促します。

効果は服用してから3カ月を過ぎた頃から徐々に現れはじめるもの。毛が抜けてから5年以内なら、再び髪の毛が生えてくる可能性がさらに高まるため、フィナステリドを服用する価値は十分にあります。

プロペシアの効果にまつわる口コミを見る>>

DHT値を測定して適切な治療を!

AGAの症状が現れる原因はDHTが大きく関係しており、プロペシアの服用はDHTの生成を抑制する効果があることがわかりました。薄毛の進行を止めて改善していくために、適切な治療を続けていく必要があります。

DHT値が正常なのかどうかは、名古屋のAGAクリニックで血液検査を受けることで測定できます。まずはDHT値を測ってもらい症状の進行状況を確認したうえで、最適な治療方法を相談してみてみましょう。

【最安3,980円~】名古屋でプロペシアを処方してくれるクリニックを見る>>

俺たちでも生えた!AGA治療体験記
AGA治療で薄毛を治した
このサイトの管理人たち
  • 営業マン 鈴木

    薄毛の家系に生まれ、昔から「お前は将来ハゲる」と言われていたが、本当にO字型の薄毛になってしまい悩んでいた

  • 自営業 石田

    昔は髪が多く1本1本が太かったため「俺がハゲる訳がない」と思っていたが、U字型の薄毛になってしまい悩んでいた

  • アパレル 中村

    昔は金髪やパーマをあてまくっていた結果、M字型の薄毛になってしまい悩んでいた

絶対ハゲたくない人、必見!名古屋のおすすめAGA治療病院まとめ【栄・金山・名駅】