AGAとガチで向き合う!俺たちの薄毛改善バイブル【名古屋版】

HOME » AGAの素朴なギモンQ&A » AGAってどんな病気?

AGAってどんな病気?

ここではAGA(男性型脱毛症)の原因と発毛のメカニズムについて解説。また、AGAかどうか判断するチェック項目についても紹介しています。

AGAはどうして起きるのか

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で日本語では「男性型脱毛症」と呼ばれています。その名の通り男性特有の脱毛症のことで30~50代の男性に多く発生し、日本全国で1,260万人いると言われています。

髪は成長期、退行期、休止期という一定のサイクルを繰り返し、抜けた毛穴から再び新しい髪が生えてきます。

このような髪の毛の周期を「DHT(ジヒドロテストステロン)」という物質によって、成長期を短くしてしまうことをAGAと言います。

DHTは、薄毛になる最大の原因となる物質です。幼少期の成長には欠かせないホルモンですが、成人してからは脱毛症やニキビの原因になるなど、体に悪影響をもたらす働きしかせず“悪玉男性ホルモン”と言われています。DHTが出来る仕組みは、5αリダクターゼという還元酵素がテストステロンというホルモン物質に化合するとことで、DHTに変換されます。つまり、5αリダクターゼを制御しなければDHTを抑制することが出来ず、AGAが進行するのです。

その他にも、ストレスや生活習慣、加齢などもAGAの原因となりますが、AGAの治療は5αリダクターゼの作用を抑制できるかが、大事なポイントとなります。

AGA自己診断チェック

自分がAGAによる薄毛ではないかと気になる方は以下の項目をチェックしてみましょう。

 □ 最近、抜け毛が増えたような気がする
 □ 生え際が薄くなっている気がする
 □ 頭頂部の髪の量が減ってきている気がする
 □ 抜け毛の中に細くて短い毛がある
 □ 身内(父親、祖父など)に薄毛の人がいる
 □ 仕事などでストレスが多い
 □ 徹夜や寝不足など規則正しい生活ができていない

以上のように、まず抜け毛が増えた、生え際の後退、頭頂部が薄いなどAGAの進行に自覚症状があるかどうかが第一のチェックポイントです。

また、抜け毛が短く細い場合は、ヘアサイクルが短くなって成長期を経ずに毛髪のミニチュア化が起きていることが考えられます。

AGAには遺伝的な要素が関係していると言われています。5αリダクターゼ酵素の生成、ジヒドロテストステロン(DHT)への反応が受け継がれている可能性があります。

ストレス過多や十分な睡眠がとれていないと、思っている以上に毛髪にダメージを与えて、抜け毛を慢性化させていることが考えられますので注意しましょう。

自己診断チェックをしてみて判断がつかないような場合は、病院で検査を受けてみたり、AGA治療クリニックが行なっている無料カウンセリングを受けてみるとよいでしょう。

管理人・鈴木からアドバイス

管理人鈴木のアイコン

俺自身、祖父・親父ともに薄毛だったせいもあって、AGAの原因や自己診断には早くから着目していたんだけど、やっぱり案の定、俺にも遺伝した…(泣)
でも、俺のように予測できる方ばかりとは限らない。セルフ診断でも、自分がAGAかどうか判断がつかないような場合は、専門家に看てもらうのが一番だ。
AGAの専門クリニックは、無料でチェックやカウンセリングを行なってくれるところも多くあるんだ。一度行ってみよう!

ページの先頭へ

薄毛治療ができる名古屋のクリニックまとめ

人気育毛サロンまとめ【名古屋編】

知っておこう!AGAの治療法一覧

そもそもAGAの原因とは?

本当に生えた…!AGAの治療体験記

どれにあてはまる?ハゲの種類

AGAの素朴なギモンQ&A

AGAとガチで向き合う!俺たちの薄毛改善バイブル【名古屋版】