名古屋にあるAGA病院最強リスト!

名古屋のおすすめAGAクリニック3選
AGA改善バイブル名古屋編 » AGAの素朴なギモンQ&A » AGAの治療にかかる費用は?

AGAの治療にかかる費用は?

ここではAGA治療にかかる費用を、専門クリニックの場合、一般病院の場合、治療薬を個人輸入の場合に分けて比較しています。

AGA治療3つのケースと費用比較

AGA治療は自由診療となるため、決まった料金表はなく、病院によって費用はバラバラです。だいたいの目安がわかるように治療法別に費用相場を紹介しましょう。

  初期費用 月々の費用
AGA専門クリニック 20,000~30,000円 10,000~30,000円
一般病院で治療 9,000~15,000円 7,000~10,000円
治療薬を個人輸入 1,000~9,000円 1,000~9,000円

費用のみを見た場合、病院で処方してもらうプロペシア(フィナステリド)やミノキシジルなどを個人輸入するのが圧倒的に安いことがわかります。

AGA専門外来と一般(内科・皮膚科)の頭髪治療の違い

  AGA専門クリニック 一般(皮膚科・内科など)の頭髪治療
目的 発毛(毛髪密度増量) 男性型脱毛症進行遅延(現状維持)
検査 ○
あり(採血や血圧測定など)
×
なし(一部医療機関は実施)
診察 ○
あり(月に1回、専門医が診断)

なし(触診や頭部撮影等はない)
効果判定 ○
あり(通院のたびに経過撮影)

なし(経過写真の撮影はない)
通院頻度 1回/月 3ヶ月~6ヶ月
処方薬 頭部の状況に応じたオーダーメイド処方 プロペシア単剤処方
費用 20,000~30,000円程度 9,000円~15,000円
メリット ・検査や経過検診があるので安心
・AGA専門医により細かい診断
・内服薬と外用薬を状況に応じて処方
・費用が安価
・現状維持が目的なら◎
・通院頻度が少ない
デメリット ・費用が割高
・通院頻度が多い
・検査ナシの場合が多く不安
・経過検診がない
・プロペシア単剤処方
・脱毛症の進行を遅らせることが目的

費用だけを見ると、個人輸入が一番いいじゃないかと考えるかもしれませんが、ちょっと待って下さい。確かに費用は安く済むかもしれませんが、個人輸入の場合は何が起こってもすべて自己責任になる点に注意しなければなりません。

悪質な輸入代行業者を選んでしまうと、送られてきたものが偽物といったこと危険性もあります。また、本物だったとしてもAGA治療薬は副作用も報告されているので、そうしたリスクもすべて自分で負わなければなりません。

では一般病院で治療薬を処方してもらう方法はどうでしょうか。正規のルートで入手することになるため安心・安全面に関しては全く問題がありません。ただ、一般の病院の場合は治療薬をただ処方するだけといったところも少なくありません。薬をもらいに行くだけになってしまい、効果があったかどうかは自分で判断するしかありません。

AGA専門クリニックの場合は、少し費用は高くなりますが血液検査や頭部写真撮影などを行なって効果測定もしてもらうことができます。また、処方した治療薬の他に、相乗効果のある治療法を組み合わせて実績を上げているところもあります。

安価で治療薬を手に入れたとしても、あまり効果が上がらないというのでは意味がありません。安全性・確実性を考えるとやはり綿密な診察をしてもらえる専門のクリニックで治療を受けるのがAGA改善への近道と言えるでしょう。

管理人・中村からアドバイス

管理人中村のアイコン

AGA専門治療院と一般の皮膚科・内科では、かかる費用も違ってくる。できれば安く済ませたいのはわかるが、そもそも専門医院は「生やすこと」、一般医院は「現状維持」と、治療の目的が違うんだ。
俺もM字型薄毛を治すときに、最初は一般医院でなんとかならないかと思ったんだけど、いろいろ学んで、専門医院にお世話になってこうして結果が出た。体験者として、専門医院での治療をおすすめする!

俺たちでも生えた!AGA治療体験記
AGA治療で薄毛を治した
このサイトの管理人たち
  • 営業マン 鈴木

    薄毛の家系に生まれ、昔から「お前は将来ハゲる」と言われていたが、本当にO字型の薄毛になってしまい悩んでいた

  • 自営業 石田

    昔は髪が多く1本1本が太かったため「俺がハゲる訳がない」と思っていたが、U字型の薄毛になってしまい悩んでいた

  • アパレル 中村

    昔は金髪やパーマをあてまくっていた結果、M字型の薄毛になってしまい悩んでいた

AGAとガチで向き合う!俺たちの薄毛改善バイブル【名古屋版】