名古屋にあるAGA病院最強リスト!

名古屋のおすすめAGAクリニック3選
AGA改善バイブル名古屋編 » AGAの素朴なギモンQ&A » AGAの治療にかかる費用は?

AGAの治療にかかる費用は?

AGA治療にかかる総費用は、治療にどれだけの効果を望んでいるのかに大いに依存します。止まらない抜け毛のペースを改善したいのか。少しづつ髪の毛が生えてきていることを実感し安心したいのか。それとも、これまでのコンプレックスと決別し、フサフサの男に生まれ変わりたいのか。そのレベルに応じ治療内容自体が異なり、治療費も左右されてきます。

それでは、それらレベルごとの治療費と施術方法、効果を順に見ていきましょう。

AGA脱却の第一歩!治療薬の料金は?

もっとも知名度が高く、スタンダードなAGA治療。それはプロペシア(フィナステリド)をはじめとした治療薬の処方です。プロペシア、ミノキシジル、ザガーロなど、今では治療薬にも様々なバリエーションがそろっています。

プロペシアについて詳しくはこちら>>

ミノキシジルについて詳しくはこちら>>

ザガーロについて詳しくはこちら>>

治療薬を入手する手段、購入先によって費用も変わってきます。AGA治療は自由診療となるため、決まった料金表はありません。クリニックや病院によっても料金はバラバラです。まずはおおよその目安として、入手先ごとの費用相場を紹介します。

  初期費用 月々の費用
AGA専門クリニック 6,000~20,000円 10,000~30,000円
一般病院での処方 4,000~15,000円 3,000~14,000円
治療薬を個人輸入 1,000~9,000円 1,000~9,000円

いかがでしょうか。費用のみを見た場合、病院で処方してもらうよりも個人輸入するほうが圧倒的に安いことがわかりますね。

名古屋市のAGA専門クリニック・一般病院での具体的な料金指針として、プロペシア料金表もまとめましたので参考にしてみてください。

AGA専門クリニック
表参道スキンクリニック 名古屋院 名古屋市中区錦3-17-15
栄ナナイロ8F
28錠:3,980円~
AACクリニック名古屋 名古屋市中区栄3-17-15
エフエックスビル9F
30錠:6,500円
Dr.マリクリニック 名古屋市西区二方町40番地
mozoワンダーシティ4階
28日分:8,400円
聖心美容クリニック名古屋院 名古屋市西区牛島町6-24
アクロスキューブ名古屋5F
28錠:9,500円
ニドークリニック名古屋 名古屋市中区錦3丁目22-26
名古屋スルガビル2F
28日分:9,800円
一般病院
TKクリニック 名古屋市瑞穂区東栄町8-5 28日分:4,700円
名古屋循環器科・内科 名古屋市中村区名駅2-45-7
松岡ビルディング4F
28錠:5,350円
日比野クリニック 名古屋市熱田区大宝1-2-3
ヴェルクレート日比野B棟2階
1錠につき300円
(30錠単位で処方)
佐藤医院 名古屋市緑区鹿山1-43 28日分:9,000円

名古屋には専門クリニック・一般病院を問わずプロペシアの購入先は豊富にあり、入手に困ることはなさそうです。処方の費用はクリニックによってさまざまですが、比較的お得な価格で購入できるところも見られます。

中でも安価な購入先「表参道スキンクリニック 名古屋院」には、プロペシアの日本発売時に臨床試験を担当した経験を持つ松木貴裕医師も在籍。プロペシアについて専門的な知識が蓄積されています。

治療薬を個人輸入

最安値だが…治療薬を個人輸入するリスク

治療薬を安価に入手できる個人輸入。薬代を節約したいと考えるなら大きなメリットになりますが、その反面、見過ごせないリスクも抱えています。

個人輸入についてまわるリスク、それは偽造薬です。そもそも個人輸入で入手できる薬は海外製品であり、日本での認可はおりていません。海外製品のすべてが危険というわけではありませんが、そのすべてが安全であるという保証もどこにもありません。

海外製品の製法や効果はブラックボックス

海外製品には、それが果たして本物かどうかを知る手段はありません。薬効根拠の希薄な製造物であっても、パッケージされたものを本物だと無条件で信じるしかないのです。AGA改善に向けた有効成分がその薬に含まれていなかったとしたら…、お金も、時間も、すべてが無駄なものになってしまいます。

また、偽造薬には健康被害も懸念されます。どんな環境で製造されているかもわからない薬。それを「内服」するリスクの高さは言うまでもありません。

“日本国内で正規に流通している医薬品、化粧品や医療機器などは、医薬品医療機器等法に基づいて品質、有効性及び安全性の確認がなされていますが、個人輸入される外国製品にそのような保証はありません。
個人輸入される医薬品等の品質、有効性及び安全性(以下「品質等」という。)については、我が国の医薬品医療機器等法に基づく確認がなされていません。
国によっては、医薬品等の品質等について、我が国と同じレベルでの確認が行われていないことがあります。 品質等の確認が行われていない医薬品等は、期待する効果が得られなかったり、人体に有害な物質が含まれている場合があります。“

ー厚生労働省公式サイトより引用
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/kojinyunyu/

薬の個人輸入については、厚生労働省からも注意喚起されています。安全かつ効果的にAGA治療を行うのであれば、病院や専門クリニックにて処方してもらうべきでしょう。

一般病院での処方

効果を判断できない?一般病院での購入

では、一般病院での処方はどうでしょうか。こちらは正規ルートでの入手となるため、安心・安全面に関してはまったく問題がありません。ただ、一般の病院の場合は治療薬をただ処方するだけといったところも少なくありません。薬をもらいに行くだけになってしまうと、実際に効果があったかどうか自分で判断するしかありません。

自分に必要な薬を理解できているか

実際に効果があったのか。その判断をするのはとても難しいことです。そもそも、いまの自分のAGA進行状況と目指している治療効果をしっかり理解できているでしょうか? いま必要なのはプロペシアなのか、ミノキシジルなのか、ザガーロなのか。そこが曖昧なままに治療を続けても、治療費に見合う効果には疑問符がついてしまうでしょう。

「ただ薬を飲むだけ」の治療では根本的改善は望めない

薬でのAGA治療を半年間続けた場合いくらかかるのか? 相場料金平均から計算してみましょう。

治療薬を個人輸入 30,000円
一般病院で治療 54,000円

この金額をどう捉えるかは人それぞれでしょう。自分が望んでいたような治療効果をしっかり得られていれば安いものでしょうし、逆に満足できていなければ失望と割高感が先に立つのではないでしょうか。

AGA治療費のコスパを考える

薬の服用を続ければ、確かにAGAは改善します。抜け毛の量が減り、少しづつ産毛も生えてきている。AGA治療で目指していたゴールがそこであれば、費やした料金に見合う結果が出たといえます。

しかし、ただ薬を飲むだけでAGAが劇的に改善できるケースは極めてまれです。もちろん効果には個人差がありますが、素人の判断によるAGA治療には限界があり、治療前に思い描いていた毛髪量に達するほどの改善はそうそう望めません。治療を半年間続けたものの、その効果には満足できていない。コストにパフォーマンスが見合っていない。そんな治療費を知りたかったわけではありませんよね?

AGA専門クリニックの治療費は?

薬を処方してもらうだけでは満足のいく効果は得られない。プロペシアなどを試してみた大半の人は、その結論に行きつきます。AGAを本気で治すのなら、専門クリニックにてプロの手による治療を受けるしかありません。

専門クリニックと一般病院のAGA治療の違い

AGA専門クリニックの治療は何が違うのか? まずはそこから見ていきましょう。

  AGA専門クリニック 一般(皮膚科・内科など)の頭髪治療
目的 発毛(毛髪密度増量) 男性型脱毛症進行遅延(現状維持)
検査 ○
あり(採血や血圧測定など)
×
なし(一部医療機関は実施)
診察 ○
あり(月に1回、専門医が診断)

なし(触診や頭部撮影等はない)
効果判定 ○
あり(通院のたびに経過撮影)

なし(経過写真の撮影はない)
通院頻度 1回/月 3ヶ月~6ヶ月
処方薬 頭部の状況に応じたオーダーメイド処方 プロペシア単剤処方
費用 20,000~30,000円程度 9,000円~15,000円
メリット ・検査や経過検診があるので安心
・AGA専門医により細かい診断
・内服薬と外用薬を状況に応じて処方
・費用が安価
・現状維持が目的なら◎
・通院頻度が少ない
デメリット ・費用が割高
・通院頻度が多い
・検査ナシの場合が多く不安
・経過検診がない
・プロペシア単剤処方
・脱毛症の進行を遅らせることが目的

表を見てもわかる通り、まず目的からして違います。現状維持を目指すなら一般病院でも問題はありませんが、発毛を望むならAGA専門クリニック一択です。その治療内容と料金について紹介していきます。

オリジナル処方の効果と料金相場は?

AGA専門クリニックにて処方される治療薬は、個人輸入や一般病院のものとは一線を画します。まずは血液検査やAGAの進行状況調査。その結果を踏まえ、ミノキシジルやアミノ酸、各種ビタミンなどを最適のバランスで調合したオリジナルの治療薬を処方してもらえます。一般の病院とは違い、判断をプロに委ね治療に向き合えるのです。

料金はおおよそ20,000円ほどが相場となります。

メソセラピー治療の効果と料金相場は?

メソセラピー治療とは、発毛成長因子やミノキシジルを頭皮に直接注入し、発毛を促進する治療法です。オリジナルの処方薬との相乗効果も抜群。「発毛」を目指す最新のAGA治療となります。

料金はおおよそ60,000円ほどが相場となります。

【効果実感99%】そのトータル治療費は?

それでは専門クリニックでの治療にはいくらかかるのか? ここでも半年間の通院を想定し、治療費を計算してみましょう。ちなみに、AGA専門クリニックでは治療開始から4ヶ月で99%の人が発毛効果を実感するというデータも発表されています。

カウンセリング 無料
初診料 3,000円
血液検査 10,000円
オリジナル処方 1ヶ月分20,000円×6
メソセラピー治療 60,000円
合計 193,000円

実際の治療費はクリニックごとに異なり、発毛スピードや服用期間は人それぞれとなるので一概には言えませんが、数万円程度では済みません。100,000~200,000円ほどの金額を想定しておくべきでしょう。

発毛効果に基づいた治療費を知る

薬の個人輸入や一般病院での処方と見比べると、その総額は倍以上。しかし、コスパとなるとどうでしょうか?99%の人が効果を実感できる専門クリニックでの治療と、効果が薄く満足できない治療では、上がっている土俵そのものが違い、ただ数字だけを比較しても意味がありません。

なぜAGA治療を考えているのか。治療にあたり思い描いているビジョンはなにか。それに見合うパフォーマンスとコストをいま一度考え、治療費を理解いただければと思います。 

それぞれのクリニックについて、以下より詳細情報をご確認の上、あなたに適したクリニックを選んでください。

ハゲの種類によって治療費は変わる?

治療方法ごとに費用目安を紹介してきましたが、その総額はAGAの進行状況にも左右されます。AGAとひとくくりで言っても、症状レベルは人それぞれ。それに応じて、治療期間や施術内容が異なってくるからです。

また、進行状況だけでなく、治療費には別の要因も関わってきます。それはズバリ、ハゲの種類。薄毛の部位や面積により、治療方法や費用が変わってきます。ここでは代表的なAGAの種類であるM字型とO字型、U字型について詳しく見てみましょう。

薄毛の種類の一つ「M字型」について詳しくチェック>>

薄毛の種類の一つ「O字型」について詳しくチェック>>

薄毛の種類の一つ「U字型」について詳しくチェック>>

M字型AGAの治療と費用

まずはAGAの典型的な症例ともいえる、M字型から取り上げます。

M字型AGAの原因は?

乱れた生活習慣、喫煙、バランスの取れていない食生活など、M字型ハゲの原因は様々知られています。しかし、その大半を占める原因はAGA。その仕組みから見ていきましょう。

M字型AGAの引き起こすきかっけとなるのは、男性ホルモンです。男性ホルモンの一種である「テストステロン」が、毛根部分にある「5αリアクターゼ」という酵素と結合すると、「ジヒドロテストステロン」というホルモンに変化します。このジヒドロテストステロンが脱毛作用を促進させるクセ者。M字型の生え際後退は、このタイプのAGAによく見られます。

プロペシアが原因の根元に効く!

プロペシアには、ジヒドロテストステロンの発生を抑制する効果があります。M字型AGAは進行が早いので、まずはそれを止めるべく、プロペシアの服用が必要でとなります。

名古屋市のAGA専門クリニック・一般病院でのプロペシア料金表>>

しかし、AGAの進行抑制にはなるものの、プロペシアの服用だけではAGAの劇的な改善は望めません。AGA専門クリニックでの治療が不可欠となりますので、そちらの治療費も加算されることになります。

O字型AGAの治療と費用

O字型ハゲもAGAによく見られる種類です。その原因と治療費目安を見ていきましょう。

O字型AGAの原因は?

O字型ハゲの主原因として、M字型AGAと同様に男性ホルモン「テストステロン」、そして毛根へ栄養が行き届いていない血行不良が挙げられます。原因がさらに増えた…とお嘆きかもしれませんが、O字型は意外にも比較的治療しやすいAGAと言われています。血流の促進を図り、毛根へ栄養を行き届かせることで改善の道が見えてくるからです。

ミノキシジルの血流促進効果が効く!

ミノキシジルの服用は、頭皮の血管の拡張と血流増加の効果が期待できます。それにより、髪の成長に必要な栄養素が毛根に送られ、正常なヘアサイクルが促進されるのです。

ミノキシジルには内服薬のほか、外用薬などの種類もあります。自分に適した方法はなにか。その判断も含め、こちらもAGA専門クリニックにて、プロによる本格治療を受診するべきでしょう。専門クリニックでのミノキシジルや各種ビタミンが調合されたオリジナル処方、さらに頭皮に直接注入するメソセラピー治療。それらがとても有効な手段となるのは間違いありません。

具体的な治療費につきまして、あらためてこちらをご覧ください。

オリジナル処方・メソセラピー治療の効果と料金相場>>

U字型AGAの治療と費用

U字型AGAは、上記M字型、O字型AGAと併発しているケースも考えられるため、改善にはより本格的な治療が求められます。

U字型AGAの原因は?

生活習慣の乱れや男性ホルモン「テストステロン」の変化など、U字型AGAもその原因の根本は他の種類のAGAと変わりありません。しかし、U字型AGAはM字型、O字型が組み合わさった症状も懸念されるため、より抜本的な治療が必要となります。発症から期間が経つほどその改善は難しくなりますので、早期の治療が大切です。

自毛植毛も効果的

AGA専門クリニックでのオリジナル処方・メソセラピー治療のほか、後頭部など残った毛髪をAGA進行箇所に移植する「自毛植毛」も効果的な施術となります。発症面積が広がるに応じて植毛本数も増えていきます。自毛植毛の費用は百万円単位でかかってくることもありますので、医師による慎重な判断が欠かせません。また、多忙な人にとっては通院の手間も大きくなってきます。

治療費や通院ハードルの高さがあり、なかなか気軽に治療を行えないのが実情ですが、AGAの進行度合いを考えると、できるだけ早いうちに治療を行わなければ費用面などの負担も増す一方となってしまいます。自身で判断するのではなく、専門医師によるカウンセリングを早急に行うべきでしょう。

自毛植毛について詳しくはこちら>>

管理人・中村からアドバイス

管理人中村のアイコン

AGA専門治療院と一般の皮膚科・内科では、かかる費用も違ってくる。できれば安く済ませたいのはわかるが、そもそも専門医院は「生やすこと」、一般医院は「現状維持」と、治療の目的が違うんだ。
俺もM字型薄毛を治すときに、最初は一般医院でなんとかならないかと思ったんだけど、いろいろ学んで、専門医院にお世話になってこうして結果が出た。体験者として、専門医院での治療をおすすめする!

俺たちでも生えた!AGA治療体験記
AGA治療で薄毛を治した
このサイトの管理人たち
  • 営業マン 鈴木

    薄毛の家系に生まれ、昔から「お前は将来ハゲる」と言われていたが、本当にO字型の薄毛になってしまい悩んでいた

  • 自営業 石田

    昔は髪が多く1本1本が太かったため「俺がハゲる訳がない」と思っていたが、U字型の薄毛になってしまい悩んでいた

  • アパレル 中村

    昔は金髪やパーマをあてまくっていた結果、M字型の薄毛になってしまい悩んでいた

AGAとガチで向き合う!俺たちの薄毛改善バイブル【名古屋版】