名古屋にあるAGA病院最強リスト!

名古屋のおすすめAGAクリニック3選
AGA改善バイブル名古屋編 » AGAの素朴なギモンQ&A » 最新の薄毛治療・AGA治療とは?

最新の薄毛治療・AGA治療とは?

近頃、髪が薄くなり始めている感じがするのだけど、どうしたらいいの?どの治療方法が有効なの?薄毛対策といっても種類がありすぎて、どれが良いのかわからない。

そんなあなたへ、今回は薄毛治療の種類を細分化してここではAGA治療も含め薄毛対策にどんな治療法があるのかを紹介しています。

様々な薄毛治療を比較

ここからは今現在、どのような薄毛対策と治療方法があるのかを把握して行きましょう。

かつら

薄毛の悩みを解消する方法としてもっとも一般的な方法としてかつらの使用があります。化学繊維や人毛など様々な材質があります。現在、かつらの技術も向上しているのでヘアスタイルにもバリエーションがあり、見かけも自然なものが増えています。

但し、自毛ではないため根本的な治療にはならないということと、一つあたりの単価が高め(60~100万円程度)で定期的なメンテナンスや買い替えなども考えるとかなりの金額になります。

人工植毛

人工植毛のメリットは、施術時間も短くて済むので即効性があり希望のヘアスタイルをすぐに実現できるということがあります。ただ、人工のものを植えることになるため異物反応が起きてしまうケースがあります。

本数が少ない場合はよいですが、2000本、3000本レベルになるとかつらと同じくらい費用がかかります。

自毛植毛

自分の毛髪を薄い部分に毛根ごと移植する方法です。施術後の拒絶反応の心配もなく、通常のヘアサイクルに落ち着くまで半年から1年程度かかりますが、髪が根付いた後はメンテナンスをする必要もありません。

しかし、後頭部から薄毛部分に髪を移動させる技術のため、頭髪の総数は増えず、植毛する本数に限度があります。また移植範囲にもよりますが手術費用が高額(100~150万円程度)になってしまうのがデメリットです。

増毛

人工毛を自毛に結び付けたりして髪が増えたように見せる方法です。手術を受けたりすることがないので負担が少ないのと、気になる部分のみを自分のペースで簡単に増やせる融通性があります。

但し、自毛が伸びてくれば結び目も上がってくるため、2~3ヶ月に一度調節する必要があるのと毛髪がない部分への増毛はできないというデメリットがあります。

ホーム育毛

自分で育毛剤や育毛シャンプーを使ってヘアケアをする方法です。育毛剤は比較的簡単に手に入りますし、費用もあまりかかりません。

うまく育毛できれば、一番負担の少ない方法と言えますが、本当に効果が出るかどうかは実際に始めてみなければわからず、即効性、確実性に欠けます。

AGA治療

脱毛予防に効果があるとされている認可を受けた内服薬・外用薬を医療機関で処方してもらい、経過を観察しながら治療を行います。1回あたりにかかる費用は1~3万円程度で実際に効果があらわれるまで6ヶ月くらいを要します。

医学的に根本的な治療ができる上、自毛改善のため、かつらのようなメンテナンスは発生しません。育毛メソセラピーやHARG療法を行っても、かつら1つ分の費用で済むので経済的です。

AGA治療の方法と効果

AGA治療の方法は、大きく分けて2つあります。

1.薬を使用した治療

代表的な治療薬は、プロペシアという飲み薬とミノキシジルという塗り薬です。AGAを引き起こす原因は、男性ホルモンの一種であるテストステロンが5αリダクターゼという酵素が結合してしまい、DHT(ジヒドロテストステロン)というものになってしまうからで、DHTが大量発生してしまうと、毛細血管から髪の毛に酸素と栄養が行き渡らなくなり、丈夫な髪の毛が生えてこなくなることから、結果的にそれが薄毛となってあらわれます。

そこで飲み薬であるプロペシアを服用することによって、プロペシアに含まれているフィナステリドという成分がDHTに転換されるのを抑制します。転換される事を抑制できれば、髪の毛に酸素と栄養が行き渡るようになるので、薄毛以前の頭皮環境に戻すことができるわけです。そしてこのもと通りになった頭皮環境へ、塗り薬であるミノキシジルを塗布することによって、発毛を促していきます。髪の毛には毛包と言われる、植物にとっての根っこのようなものがあり、その毛球が毛細血管を通じ、酸素と栄養を吸収します。さらにこの毛球も、毛乳細胞と毛母細胞という二つの細胞から形成されています。

まず毛細血管から血液を通して、酸素と栄養を毛乳細胞がもらいます。そこではじめて毛乳細胞は、その先にある毛母細胞に髪を生やす指令を送ります。

それから毛母細胞が細胞分裂を繰り返し、髪の毛を生やし徐々に伸ばして行くのです。この二つの段階で酸素や栄養が行き渡らないと、栄養不足の髪の毛が生えたり、生えてきても弱い髪の毛になってしまうので、直ぐに髪の毛は抜け落ちます。

そのことから、まずはその栄養不足の原因であるDHTの動きを先ほど説明した、プロペシアで抑えるのです。それからでなければ、いきなり塗り薬のミノキシジルを使っても効果はないのです。塗り薬のミノキシジルには、頭皮の血の巡りをよくすることで毛母細胞に刺激を与え、発毛を促進する効果があります。

髪の毛を生やしたい場合には、これら2つの薬を併用して使い続けることが重要です。どちらか片方を使用していても、意味がないのです。

参考URL

Analysis of Apoptotic Cell Death in Human Hair Follicles In Vivo andIn Vitro - Journal of Investigative Dermatology

Control of murine hair follicle regression (catagen) by TGF-beta1 in vivo. - PubMed - NCBI

Action of topical minoxidil in the bald stump-tailed macaque. - PubMed - NCBI

2.施術による治療

AGA治療薬や「成長因子」という栄養素を直接頭皮に注入し、発毛や育毛を早める「メソセラピー療法」、「HARG療法」といった新しい治療法が注目されています。

また、毛根ごと皮膚を移植する「自毛植毛」という施術法もあります。人工毛とは違い自らの細胞を移植するため安全性が高く、抜けにくいといった効果が期待できます。

最新の治療方法とは?

メゾセラピー療法

メゾセラピー療法とは、先ほどAGA治療の方法で登場した、ミノキシジルやプロペシアなどを頭皮に直接注射やレーザーで照射していく治療のことを指します。

元々は、ダイエットのために、脂肪を分解する薬を打ち込む治療でしたが、それを育毛に応用した治療方法になります。頭皮に直接注射というとなんとなく怖いイメージを持ちますが、針は非常に細いものを使用するので、痛みはそれほどありません。飲み薬や塗り薬だとどうしても、外側から間接的なアプローチになるので浸透しにくいといった点がありますが、メゾセラピー治療ならば、患部に直接薬を注入するため、高い効果が期待できます。

しかし一回治療すれば髪の毛が生えてくるということはなく、AGA治療と同じで、定期的に病院に通わなければなりません。まだまだAGA治療に比べると、実績もないので現段階ではAGA治療にプラスαした治療方法だと思われます。

HARG(ハーグ)療法

HARG療法とは、人間の幹細胞に含まれている、育毛に効果があるとされている細胞タンパク質を抽出したものを、患部に直接注射していく方法です。

AGA治療で登場した、ミノキシジルやプロペシアは発毛効果があるとされているものですがその分、薬の力が強く副作用が出てしまう場合も少なくなく、人によって向き不向きが別れてしまうという、デメリットがあります。しかしHARG療法ならば、もともと人間の体内で作られているものなので、副作用が出ることはありません。

発毛が滞るっていたところに、この成分を注入すると細胞が活性化し、滞りがなくなります。またAGA治療は名の通り、AGAである人にしか有効出ない治療方法ですが、HARG療法はAGA以外の薄毛の方にも有効なのです。

AGAは男性特有の症状で、薄毛に悩んでいる女性には有効ではありません。ところがHARG療法ならば、止まっていた細胞を活性化する治療なので、男女問わず有効に治療することができます。ちなみにこちらも定期的に病院に通って、治療を受けることになります。また新しい治療方法なので効果はAGA治療ほど立証されていない上、ほかの治療法方よりも医療費も高額になのもネックになります。

AGA治療の口コミ

  • 知人が某クリニックで治療を受けていたことがきっかけで、治療を受けてみようと思いました。1ヶ月後から徐々に効果が出始め、抜け毛も減少、うぶ毛も生えてきました。2ヶ月後から改善されているのを更に実感し、失っていた自信も取り戻したことで前向きになれ、彼女もできました。今では髪の毛を染めたりもしています。
  • 30歳を過ぎてから髪の毛が薄くなっていきました。そのことから悩み、どんどん消極的にもなっていったのですが、今までの自分に戻りたいという気持ちが消えず、AGA治療を受けることを決意しました。フィナステリドとミノキシジルを髪が生えやすい量だけ処方していただき、治療を受けてから2ヵ月後には効果が出ました。早く効果を実感したい方におすすめしたいです。
  • 私が薄毛に悩み始めたのは、職を失ってからでした。額を隠しながら生活するのが苦痛だった私は、治療を受けることにしました。治療を受け初め、2ヶ月後には効果を実感し始め、うぶ毛が生え始めました。それから3ヶ月、4ヶ月と治療をしていくと治療前とは違いふさふさになり、自信も取り戻しました。治療すべきかどうかでお悩みの方は相談することをおすすめします。
  • 薄毛が気になり、病院に通う決断をしましたが最初は、知り合いに会うのではないかとビクビクしながら病院に向かいました。結果、思い描いていた病院とは違い、他の患者さんを一切見かけることなく、個人のプライバシーがしっかり守られていました。これなら通えると思い、早3ヶ月がたちましたが、少しずつ発毛を実感し治療も順調です。
  • 日中は仕事をしているので、病院なんかには通っていられない、諦めようと思っていました。しかし私の通っているクリニックでは、夜遅くまで診察を行っていて、おまけ365日休まず営業。自分の空いた時間を利用しながら通うことができるので、非常に助かっています。もうかれこれ半年ほど通っていますが、セルフケアでなんとかしようと思っていたのが、今となってはバカらしいほど効果を実感しています。
  • 昔はAGA治療のCMがTVで流れるのを人ごとのように見ていましたが、いつの間にか私も治療を受けなければならないほど、生え際が後退。焦りながら色々クリニックを探しましたがどのクリニックが良いのか分からず、とりあえずカウンセリング無料のクリニックを見つけました。しかし無料カウンセリングというのは呼び水で、どうせ高額な治療を進められるのだろうと疑いながらクリニックを受信することに。ところが疑っていたのが申し訳なくなるほど親身に相談に乗ってくれ、治療プランも金銭面に無理がないように組んでいただけました。それから3ヶ月、生え際の後退も止まったような感じがして、髪をかきあげた時に今まで以上のボリュームを感じるようになりました。
  • 前々から前髪が徐々に薄くなっていることを感じていましたが、認めるのが怖くて何と無くやり過ごしていました。しかし自分の子供に指摘されたことでショックを受け、これはまずいと思うようになりました。早速、近場のクリニックに通い診察を受けるとAGAだということが分かりました。治療して1年になりますが、これまで作れなかった前髪が作れるまでになりました。今は、残酷な子供に感謝しています。

管理人・石田からアドバイス

管理人石田のアイコン

俺もU字型の薄毛が進行していくにつれ、育毛とかかつらとかいろいろ考えたんだけど、それこそこれからの長い人生を考えたら、「根本治療をAGA専門医院でお願いしよう!」と決断してやっと今に至るって感じだ。
効果は少しずつだったけど確実に出てきたぞ。「餅は餅屋」ということわざの通り、AGAの専門医院による治療を選んだのは正解だったと思っている。あくまで俺個人の考えと感想だけど、ぜひ参考として役立ててくれ。

俺たちでも生えた!AGA治療体験記
AGA治療で薄毛を治した
このサイトの管理人たち
  • 営業マン 鈴木

    薄毛の家系に生まれ、昔から「お前は将来ハゲる」と言われていたが、本当にO字型の薄毛になってしまい悩んでいた

  • 自営業 石田

    昔は髪が多く1本1本が太かったため「俺がハゲる訳がない」と思っていたが、U字型の薄毛になってしまい悩んでいた

  • アパレル 中村

    昔は金髪やパーマをあてまくっていた結果、M字型の薄毛になってしまい悩んでいた

AGAとガチで向き合う!俺たちの薄毛改善バイブル【名古屋版】