名古屋AGA病院 完全ガイド

HOME » AGA治療よくあるギモン » AGA治療薬「ミノキシジル」とはいったい何?

AGA治療薬「ミノキシジル」とはいったい何?

ここではミノキシジルの概要や効果、注意点、入手方法について解説しています。

プロペシアとの併用で効果がアップするミノキシジル

ミノキシジルはアメリカの製薬会社のアップジョン社(現ファイザー社)が開発し、世界で初めて認可された脱毛症の治療薬です。

もともとは血管を拡張し、血圧を下げる効果のある薬として高血圧の治療に使用されていましたが、副作用で多毛症になる人が多かったため、その後研究が進み脱毛症に効果があることがわかりました。

ミノキシジルは直接毛母細胞に働きかけ、毛母の細胞分裂を活性化させて髪の成長を早める働きをします。

ミノキシジルで効果的に治療を行うには、経口育毛剤のプロペシア(フィナステリド)との併用が重要とされています。プロペシアは脱毛を引き起こす成分を体内で阻害する効果がある脱毛防止薬ですが、ミノキシジルと併用することで、ミノキシジルが発毛因子を刺激して発毛を促す効果があります。

つまり、プロペシアが脱毛を防止し、ミノキシジルがそれを補うように発毛を促進させるというわけです。発毛治療を専門に扱う病院では、患者のコンディションに合わせて、プロペシアの処方とミノキシジルを塗ることで効力を上げているところも多くあります。

ミノキシジルの副作用で最も多く見られるのが頭皮のかゆみです。疹やかぶれ、フケといった症状が出たり、もともと高血圧の治療に使われていた薬なので、ミノキシジルにより低血圧を招くことがあります。

AGA専門の医療機関で処方してもらうのがベスト

ミノキシジルの入手方法は、商品によって違いがありますが大きく分けて3つあります。1つは薬局で購入する方法です。日本で販売されているミノキシジル製品には大正製薬のリアップがあります。

2つめは病院で処方してもらう方法です。AGA治療を行なっている病院ではロゲインやカークランドなどの海外既製薬を処方してくれるところもありますが、患者に合わせたミノキシジル含有濃度で処方してくれるところもあります。

その他の入手方法として個人輸入代行業者から購入することも可能です。価格はリーズナブルですが、ミノキシジルの場合副作用の心配もあります。特に内服薬の場合は体型の小さい日本人が、ミノキシジル成分含有量の多いものを内服するのは危険を伴いますので注意が必要です。

入手方法の中では薬局で購入するのが最も手軽ですが、リアップは値段が高い上にミノキシジル含有量も1%と少なく、本当に自分に合っているかどうかも判断できません。

やはり、少々手間はかかりますがAGA専門の医療機関で検査を受けた上で処方してもらった方が、副作用の心配も少なく安全で確実です。効果の高いプロペシアとの併用を考えると、医療機関からの入手がベストの選択と言えるでしょう。

名古屋のAGA病院ランキング発表!

ページの先頭へ

名古屋のAGA病院を徹底比較

AGAの治療体験談

AGA治療よくあるギモン

名古屋AGA病院 完全ガイド