AGAとガチで向き合う!俺たちの薄毛改善バイブル【名古屋版】

HOME » どれにあてはまる?ハゲの種類

どれにあてはまる?ハゲの種類

こちらでは、AGAで起きる頻度が高い3種類のハゲについて取り上げ、それぞれの特徴や、原因と対策方法なども併せてご紹介していきます。

ハゲにはどんな種類があるのか、その特徴などを解説!

実は、AGAによって起こるハゲというのは、原因はほぼ同じになります。一つは男性ホルモンであるテストテロンが、頭皮に存在している5αリダクターゼという物質と結合。

その結果、ジヒドロテストステロンという物質が発生し、それが薄毛や抜け毛を促進させてしまうというもの。このメカニズムは、遺伝によっても起こりやすいかが左右されます。

もう一つは、不規則なライフスタイルや睡眠不足、ストレス、食生活などの影響によって頭皮環境が悪化することに起因するものということです。

そして、これらを原因とした薄毛や抜け毛の症状が、頭のどの部位で起きるか、どの位の面積で起きるかによって、ハゲの種類が変わってくるということになります。AGAでよく見られるのは、以下の3種類になります。

M字型

管理人の中村がなったのはこのタイプです。特徴としては、額の左右両端から抜け毛が進行していき、生え際が後退していくという点が挙げられます。

そうなることで、髪の毛の生え方の様子が、アルファベットのM字型に見えることからM字ハゲと呼ばれます。後述するO字型と並んで、AGAで起こるハゲの代表例と言ってよいでしょう。

最近では若年化の傾向があり、20代で発祥というケースも少なくないそうです。また髪を長くしていると気がつきにくく、進行スピードも速いため、ある日突然気がつくことも珍しくありません。

薄毛の種類の一つ「M字型」について詳しくチェック>>

O字型

管理人の鈴木はこのタイプにかかりました。他にも、てっぺんハゲ、つむじハゲ、円形脱毛症などとも呼ばれます。簡単に言えば、頭頂部の髪の毛が徐々に薄くなっていくのが大きな特徴。

ちなみに日本人男性の薄毛は、このタイプが多くを占めるとされているそうです。鈴木によれば、彼のお父様、お爺さまもこのO字型ハゲだったそうで、将来自分もそうなるのではないかという予感が、不幸にも的中してしまったのだそうです。

薄毛の種類の一つ「O字型」について詳しくチェック>>

U字型

管理人の石田がかかってしまったタイプで、ハゲの中では最も深刻と言っても過言ではありません。簡単に言えば、上記のM字型とO字型が両方同時に起きてしまうタイプで、生え際から頭頂部までの広い範囲全体で、抜け毛や薄毛が発生してしまいます。ただし、だからと言って絶望したり自暴自棄になるのは総計です。

可及的速やかに治療を行えば、希望はちゃんとあります。管理人の石田も、適切な治療によって症状は改善されました。

薄毛の種類の一つ「U字型」について詳しくチェック>>

ページの先頭へ

薄毛治療ができる名古屋のクリニックまとめ

人気育毛サロンまとめ【名古屋編】

知っておこう!AGAの治療法一覧

そもそもAGAの原因とは?

本当に生えた…!AGAの治療体験記

どれにあてはまる?ハゲの種類

AGAの素朴なギモンQ&A

AGAとガチで向き合う!俺たちの薄毛改善バイブル【名古屋版】