AGAとガチで向き合う!俺たちの薄毛改善バイブル【名古屋版】

HOME » どれにあてはまる?ハゲの種類 » O字型

O字型

こちらでは、O字型のてっぺんハゲについて取り上げ、その原因や特徴、対策法などを取りまとめてご紹介していきたいと思います。

O字型のてっぺんハゲ、その原因と対策法は?

O字型ハゲには他にも、てっぺんハゲ、あるいは、つむじハゲ、円形脱毛症などの呼び方がありますが、端的に言えば、頭頂部の髪の毛が徐々に薄くなっていく症状のこと。

円形に薄くなっていくのが特徴で、日本人男性の薄毛は、このタイプが多くを占めると言われています。症状が進むと見た目的にもわかりやすくなってしまい、大きなコンプレックスとなってしまいやすい症状です。

管理人の私鈴木は、父親も祖父もこのO字型の薄毛で、嫌な予感が的中。見事に受け継いでしまいました。

O字ハゲが起きてしまう原因とは?

同僚の管理人中村がM字ハゲのページでご説明しているのと同じく、O字ハゲもまた、男性ホルモンの影響や生活習慣、遺伝などが原因とされているそうです。

これまで繰り返しご説明してきました通り、AGAは男性ホルモンのテストテロンが頭皮に元々ある5αリダクターゼと結びつくことで、ジヒドロテストステロンという物質となり、それが薄毛や脱毛をもたらしてしまうのだそうです。

これが起きやすいのが生え際の両端と頭頂部だそうで、生え際で起きた場合は中村に起きたM字ハゲ、頭頂部で起きた場合は私のO字ハゲ、その両方で起きた場合が、もうひとりの管理人石田が紹介しているU字ハゲということになります。

また、この男性ホルモンと5αリダクターゼが結びつきやすいかどうかは、遺伝的な要因もあるとのこと。私中村の場合は、まさに、祖父も父もそうでした。

 一方で、こうした男性ホルモンが原因となる場合とは別に、これまたM字ハゲの場合と同じく、生活習慣が原因となる場合もあります。

仕事などで生活のリズムが不規則となってしまったり、睡眠不足やストレス、運動不足や喫煙などによって、頭皮が血行不良となってしまい、その結果、薄毛や抜け毛が促進されてしまうのだそうです。

対策は?かつてO字ハゲだった管理人・鈴木より

管理人鈴木のアイコン

例えば、朝起きたときや風呂場で洗髪したとき、抜け毛が増えてきていると感じるようになったら、まずは生活習慣を改めてみること。それによって、薄毛や抜け毛の進行を遅らせることができるかも知れないぞ。
しかし、その効果は人それぞれで、必ず大丈夫とは言い切れないのも事実…。やはり、兆候が見えた時点で、直ちにAGA専門医院でのチェックを受けるべきだな。
早期発見・早期治療は、薄毛の場合にも最前の策。俺も、初期レベルから中期レベルに差し掛かる段階で治療を始めたから薄毛を改善できたんだ!末期レベルからの治療だとしたら、結果は変わっていたかも知れないなぁ。

ページの先頭へ

薄毛治療ができる名古屋のクリニックまとめ

人気育毛サロンまとめ【名古屋編】

知っておこう!AGAの治療法一覧

そもそもAGAの原因とは?

本当に生えた…!AGAの治療体験記

どれにあてはまる?ハゲの種類

AGAの素朴なギモンQ&A

AGAとガチで向き合う!俺たちの薄毛改善バイブル【名古屋版】